情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

VirtualBoxのゲストOSに対してAutoHotkeyのキー変換を有効にする設定方法(重要)

AutoHotkey (17) AutoKey (3) Linux (23) Ubuntu (19) VirtualBox (7) Windows (248)

Windows利用時に当然のようにAutoHotkeyを使う普通の人であれば、Windows上で動かしているVirtualBox上の仮想マシンにもAutoHotkeyで変換したキーストロークを送信したい、と思うのもまた当然でしょう。

しかし、この当然できるべき華麗な連携を実際にVirtualBox最新版+Ubuntuで試してみると、ものの見事にAutoHotkeyが無視され、そのままキー入力がゲストOSに送信されていることが確認できます(レジストリによるキー置換は効く)。

さて、Linux上でAutoHotkeyに匹敵するソフトウェアが無い現状、これは大変困った事態です。

直接VirtualBoxにフォーカスが移るようにAutoHotkeyの再起動操作を上手に行うと、一時的にAutoHotkeyが有効な状態でゲストOSを操作できることは発見したのですが、VirtualBoxからフォーカスが外れると死んでしまいます。再・再起動が必要になります。やってられません(ここを自動化する案もあった)。

今回は、こんな悲劇的な状況から脱するための設定(簡単)をメモしておきます。今思えば、この設定を見逃していたことが謎です。

苦戦

AutoHotkeyを諦めようと思った時期もありました。仮想環境限定でLinuxの操作が全力でできるようになっても、非仮想環境で困りそうだったからです。

しかし、AutoHotkeyへの愛おしさに気がつくのに、時間はかかりませんでした(※3連休を潰す程度にはかかった)。

VirtualBoxの設定をいじってみる

そこで、VirtualBoxの設定を確認してみたところ、「入力>キーボード>キーボードの設定...」で神様を見ました。

virtualbox-autohotkey-auto-keyboard-capture-off

ここにある「キーボードの自動キャプチャー」をオフにすることで、AutoHotkeyの効果が反映されます

つまり、「Windows上での物理キー入力」→「レジストリによる変換」→「AutoHotkeyによる変換」→「ゲストOSの物理キー入力」(→「AutoKeyによる変換」)というフローが動作するようになりました。

もうめでたすぎてめでたすぎて嬉しくてたまりません。AutoHotkey+VirtualBoxユーザーの人は、是非試してみてください(そして失敗しても泣かないでください。あと、若干挙動が怪しい部分があります)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About