情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windows 10:Google検索を標準にする(Microsoft Edge で既定の検索エンジンを変更する)

Edge (8) Windows (248) Windows 10 (56)

Windows 10 のデフォルトウェブブラウザ「Edge」で標準の検索を「Bing」から「Google」に変更する方法を紹介します。

設定方法

まず、ブラウザ右上の「・・・」から「設定」をクリックします。

そして、「詳細設定を表示」をクリックします

すると、詳細設定の中に「アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー」に、「Bing (www.bing.com)」が選択されているはずです。

これをクリックして、「新規追加」を選択します。

一度Twitterを選択する

しかし、ここではTwitterしか選択できません。

そこでまず、「Twitter」を選択した状態で「追加」をクリックしてください。

すると、検索プロバイダーの選択肢にTwitterが追加されます。

Google検索を追加する

そうしたら、そのままもう一度「アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー」の選択肢を開いて(Twitterが追加されている)、「新規追加」を開いてください。

すると今度はどういうわけか、「1つ選んでください」に「www.google.co.jp Google検索」という選択肢が出現しています

そこで、そのGoogle検索をクリックで選択して、「既定に追加」をクリックしてください。

設定完了

すると、「アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダー」が「Google (www.google.co.jp)」になっているはずです。

アドレスバーから検索してみる

ちょっと変な追加の仕方ですが、この状態でアドレスバーに検索したいワードを入れて、検索してみてください。

すると、「https://www.google.co.jp/search?q=(検索ワード)&ie=&oe=」というURLで、Google検索が実行されます。

「Web と Windows を検索」は別

この状態で、タスクバーにWindows 10から搭載された「Web と Windows を検索」での検索機能は、Bing検索を前提としている機能なので、今回の設定変更は適用されません。

参考

コメント(2)

  1. pemo
    2015年8月16日(日) 18:37

    Twitterの設定部分は不要。Googleにアクセスした状態で設定画面を開けば、リストにGoogleが出ます。OpenSearchという標準を利用。> http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-10/change-the-default-search-engine-in-microsoft-edge

  2. 村山 隆康
    2015年12月5日(土) 07:15

    不信の払拭、

新しいコメントを投稿