LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEタイムライン:2種類の「人型アイコン」の違いって何?

LINE (1004) LINE-タイムライン (86)

LINEのタイムライン機能を見ていると、時刻の横に、人のシルエットを模したアイコンが表示されていることに気が付きます。「2人が表示されているアイコン」と、「1人+4本線」の2種類が、どちらも人型が表示されるのに微妙に違う、紛らわしいアイコンで、気になる人も多いようです。そこで今回は、この2種類のアイコンの違いを紹介します。

2種類のアイコンの意味と違い

LINEタイムラインに表示される、とても似た2種類のアイコンは、次の2つです。その意味と違いを紹介します。

2人のアイコン

アイコンに、人型シルエットが2つ並んでいるこちらのアイコン。

naver-line-timeline-two-icon-sample-2

これは、このタイムライン投稿が、投稿者の友だちにのみ公開されていることを意味しています

基本的に、LINEのタイムライン機能のデフォルト(初期設定)の公開範囲はこれなので、公式アカウント以外では、最もよく見かけるアイコンのはずです

ということで、これらの時刻の横のアイコンは、その投稿の公開範囲を表しています

公式アカウントなどは、地球マークが表示されているかと思います。それは、「全体公開」を意味しています。

ちなみに、小さいですがこのアイコンはタップすることができ、実際にタップすると、「自分のLINE友だち」と表示され、公開範囲を教えてくれます。

1人+4本線のアイコン

さて、もう一つが、4本線が隣に表示されているアイコンです。

naver-line-timeline-two-icon-sample-1

こちらは、このタイムライン投稿が、投稿者が作成した投稿先リスト(公開リスト)に登録されている人だけに限定公開されていることを意味しています。

つまり、あの4本線は、「リスト」を意味していたわけです。

こちらは、先ほどの「友だちだけに公開=友達全員に公開」より、公開先が限定されていることを意味しています。

ただし、投稿した本人以外の人が、そのリストに誰が居るのかを知る(表示する)ことはできません

また、こちらはアイコンをタップしても、何も表示されません。なので、こちらはちょっと意味がわかりにくくなっています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿