情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Chrome:アドレスバーの候補表示(閲覧履歴)を選択削除する方法

Chrome (67) Windows (248)

Chromeでアドレスバーに文字を入力すると、今まで閲覧したページが、候補として表示されます。しかしこのとき、間違ったページや、あまり使わないのに上位に表示されるページがあったりすると、「消したい」と思うのですが、右クリックをしたりしても、消せません

実は、候補が表示されているその画面から、簡単に消すことができるのですが、右クリックではないので気がつくのが難しいと思います。今回は、その方法を紹介します。

アドレスバーに表示される邪魔な候補

例えば、アドレスバーに「a」と入力すると、「a」を含む候補が次々6つ表示されます。

chrome-delete-search-candidate-candidates

ここで、例えば、もう使わなそうな「https://atom.io/」を消したい、とします。

しかし、この候補を右クリックしても、何もメニューは出てきません

削除方法

ではどうするかというと、この候補が表示されている状態で、カーソルキー下(↓)を押して消したい検索候補まで移動した状態で、「Shift+Delete」を押します(※Delだけじゃないし、マウスからできない、というのが難易度アップポイント)。

chrome-delete-search-candidate-how-to-delete

削除成功

すると、検索候補から、選択していた行が削除されます(入りきっていなかった候補が補充されているので、総数は変わらない)。

chrome-delete-search-candidate-result

これで、余計な検索候補を整理することができます

分かりにくい

少々分かりにくい操作方法なので、知らない人が多いかと思いますが、「消したいなぁ」と思っている人はそれなりに多いかと思うので、お近くの人にも教えてあげてください(教えてあげるほどは、消したい人、多く無さそうだけれど、知っている人はとにかく少なそう)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿