LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINE MUSIC 無料期間終了後の動作について

LINE MUSIC (39)

LINE MUSICの無料キャンペーン期間が終了しました(2015年8月9日24:00)。この影響で、初めて「課金しないと使えない」状況になったので、その変化を紹介します。

ちなみに、無料期間が終わっても、自動課金されることはないので、安心してください

LINE MUSIC の起動直後

LINE MUSIC を起動すると、現在次の画面が表示されます。

music-box-extra-30-days

第1弾 無料トライアル終了
第2弾発表!
さらに30日間無料キャンペーン

30日分の料金で 60日間利用可能

初回の有料プラン登録時に、
+30日分のご利用チケットを無料でプレゼント!

[詳しくはこちら]

「半額キャンペーン」とも言えるし、「30日分ボーナス」とも言えるところを「30日間無料キャンペーン」と言うのは、物は言いようだなぁと感心するというかなんというか、なものが表示されます。

詳細

「詳しくはこちら」をタップすると、驚くべきことに、説明が表示されるのかとおもいきや、購入画面に飛ばされました。そして、別に説明はない、という。貪欲ですね。

試聴=30秒版

実際に、購入せずに、今まで聞けていた曲を再生すると、再生時間が30秒と表示され、試聴用に30秒切り出した音楽が再生されます。数曲聞いた範囲では、冒頭から30秒、というわけではなく、サビ部分を30秒切り出したようになっています。

キャッシュしていようが、関係ありません。

また、再生中には、画面下部に「試聴する.チケット購入」という文字が、バナー的に表示されます。

機能制限

再生中に「シェア」はできますが、その他の機能を使おうと、画面右上のメニューボタンをタップすると、

チケット確認
チケットを購入すると利用可能な機能です
[キャンセル] [チケット購入]

が表示されます。ちなみに、右下のメニューボタンは今までどおり開くことができます(お気に入り登録はできます。しかし、キャッシュ機能は使えません←試聴をキャッシュしてもね…)。

期間制チケットしか表示されない

ちなみに、チケットの購入画面では、期間制である30日間チケットしか表示されておらず、時間制チケット(20時間チケット、追加用10時間チケット)は、アプリのチケットショップからは購入できません。

20時間チケットで十分な人は、LINE STORE の LINE MUSICカテゴリから購入してみてください。

まとめ

試聴用の30秒切り出しが、どういうふうに行われているのか、ちょっと気になりました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿