情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

自分の携帯が盗聴されてるか確認する方法(*#06#)について

Android (339) iPhone (749) LINE-デマ (43) Twitter (96) Twitter-デマ (2) デマ (6)

数日前より、LINEやTwitterで、「自分の携帯が盗聴されてるか確認する方法」として、iPhone・Androidから「*#06#」に電話をかけて表示された番号を使って確かめる、という方法が広まっています。これは一体何をしているのか、本当に盗聴されていることがわかるものなのか、特に、表示される15桁の番号は一体何なのか、という話を紹介します。

「自分の携帯が盗聴されてるか確認する方法」

「自分の携帯が盗聴されてるか確認する方法」として、次のような文章が広まっています。

自分の携帯が盗聴されてるか確認する方法

まず、
【*#06#】に電話かけます
すると数字が出てきます。
数字の中に「-」ハイフンがあればあなたの携帯は盗聴されています

実際に試している人たち

実際に試して、番号にハイフンが含まれていないことを公開している人もいます。

「*#06#」の正体

「*#06#」に電話をかけて表示される番号は、一体何なのでしょう。

実はこの数字は、IMEIという、端末の識別番号、つまり、本体のシリアルナンバー、製造番号のようなものです

IMEIを表示する方法のひとつが、「*#06#」に電話すること、です。

International Mobile Equipment Identity (IMEI) は、GSM/W-CDMA/iDENの全ての携帯電話や一部の衛星電話に付与される識別番号。携帯電話のバッテリを外すと、そこに書いてあることが多い。また、*#06# と入力すれば携帯電話の画面にも表示できる引用元

iPhoneであれば、「設定>一般>情報」の画面でも「IMEI」を確認することができるので、同じ数字が並んでいることが分かるかと思います(この画面では、区切りに半角スペースが使われ、「AA BBBBBB CCCCCC D」のように表示されます)。また、iPhoneの裏面の下の方にも、小さい文字で「IMEI:○○...○○」と、同じ番号が印刷されています。

*#06#は、このIMEIを表示する機能であって、そこに盗聴されているかどうか、などという情報が付いてくるとは考えにくいです

簡単に言い切ってしまえば、盗聴されているかなんて、この画面から分かるものではありません。

デマ

というわけで「*#06#」で盗聴されているかどうかわかる、というのは単なるデマだと考えて、問題ないかと思います。

スクショの掲載に注意

IMEIは、一意な番号(世界で1つしかない番号)であり、名寄せが可能な番号だったりします。

なので、盗聴されているか確認したけど大丈夫だった、とTwitterやLINEなどにスクリーンショットを載せることは、あまり良いことではありません

注意してください。

にしても、どうしてこんな話が広まったのか、少し違和感があります。

コメント(1)

  1. 匿名
    2015年9月14日(月) 14:54

    まさに、スクショをのせる輩が居ることを見越してのデマだろうよ。

新しいコメントを投稿