情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windows 10:仮想デスクトップ操作用ショートカットまとめ

Windows 10 (56)

Windows 10 から、 仮想デスクトップ機能が標準搭載されました。Windows + Tab から管理画面を開いて、いろいろ操作することもできるのですが、ショートカットで仮想デスクトップを切り替えたりできると便利なので、ショートカットキーをまとめておきます。ちょっと難しいのですが、類推すると「なるほど」なところもあります。

仮想デスクトップ機能向けショートカットキー

仮想デスクトップ関連で、今のところはアクしているショートカットキーは以下の通りです。

Win+Tab:仮想デスクトップ一覧

まず、これが基本となる、仮想デスクトップの一覧機能です。

「現在の仮想デスクトップで開いているウィンドウ一覧」と、仮想デスクトップの一覧、仮想デスクトップの新規作成ボタンが表示されます。

Win+Ctrl+矢印左/Win+Ctrl+矢印右:仮想デスクトップの移動

一つ次の仮想デスクトップに移動したり、一つ前の仮想デスクトップに移動したりできます。

仮想デスクトップは横方向に並んでおり、一番左の仮想デスクトップでWin+Ctrl+矢印左を押したり、一番右の仮想デスクトップでWin+Ctrl+矢印右を押したりしても、何も起こらない仕様になっています(一番右が一番左とつながっていたりはしない)。

これが一番重要なショートカットキーですよね。

Win+Ctrl+D:仮想デスクトップの新規作成

仮想デスクトップを新規作成します。

仮想デスクトップ一覧の末尾に追加されます。

Win+Ctrl+F4:仮想デスクトップを閉じる

現在開いている仮想デスクトップを閉じます。

閉じた仮想デスクトップで開いていたウィンドウは、別の仮想デスクトップに移動されるので、終了してしまうわけではありません。

AutoHotkeyで変更しよう

一番重要なショートカットキー、つまり仮想デスクトップ間の移動が「Win+Ctrl+左/右」というのはちょっとやりにくいので(そもそも矢印キー直接は無い)、AutoHotkeyで置き換えてしまいます。

ウィンドウ系移動の種類が多い

ただ、仮想デスクトップの移動(Win+Ctrl+左右)、ウィンドウの移動(Alt+Tab)、ウィンドウのスナップ(Win+上下左右)、ブラウザのタブ移動(Ctrl+左右)、などなどいろいろありすぎて、どうするのがいいのか、かなり難しくなってきました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿