情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「ATOK 2015の辞書ではありません」エラーが表示される原因と対処法

ATOK (11) ATOK 2015 (1) Windows (248)

ATOKの辞書ファイルを新しいPCにインストールしたATOK 2015に移行しようとした際、いつも同じ罠というか勘違いにはまるので、書いておきます。

「ATOK 2015の辞書ではありません」

ATOKで、ユーザー辞書を追加しようとして、

辞書・学習 設定

ATOK 2015の辞書ではありません

原因

このエラーが出るまでの流れはこうです。

ATOKの設定画面を開きます。

とりあえず目につく「辞書の追加・削除(A)...」をクリックします。

そして、「ファイルを指定して追加(O)...」というどんぴしゃなボタンがあるので、これをクリックします。

すると、ファイルを選択できるので、「ATOK28U1.DIC」のような.dicファイルを選択するのですが・・・ここでエラーが出てしまいます。

ユーザー辞書の選択画面が違う

このエラーが出るとき、形式の変換が必要だとかそういう話とは別に、そもそも設定する画面が違う、という問題があります。

実は、とりあえず目につく「辞書の追加・削除(A)...」のクリックではなく、「学習」というところにある「詳細設定(D)...」をクリックするのが正解です

すると、「学習・登録詳細設定」が開くので、そこで「ユーザー辞書設定」にある「参照(S)...」をクリックし、ここで指定します。

辞書ファイルの指定後にOKをクリックすれば、設定完了です。

間違いやすい

エラーメッセージが、今ひとつ正解へ誘導してくれないので、困ってしまいます。

「もしかして:」な誘導が必要ですね。

コメント(0)

新しいコメントを投稿