情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

SoftBankの2年縛り契約の更新月(解約月)の調べ方

iPhone (749) SoftBank (44)

iPhone 6s / 6s Plus の発売日がいよいよ明日に迫っています。2年前にiPhone 5sを購入した人にとっては、そろそろ2年だから2年縛りが終わるはず、という時期です。そこで今回は、2年縛りから解放されるタイミングである「更新月」の調べ方を解説します。

更新月の調べ方

まず、「My SoftBank https://my.softbank.jp/msb/d/top」にアクセスします。

そして、「ログイン」をしてください(携帯電話番号と、8~16桁のパスワードが必要です)。

「契約の確認・変更」画面へ

そうしたら、「契約の確認・変更画面 https://ct11.my.softbank.jp/WBC/icv」へジャンプ(クリック)してください(たどるのが難しいので)。

急にデザインが変わる謎の画面ですが、正解です。これが早いです。

そこにある「料金プラン」に、「更新月」の表示があります
iphone-softbank-contract-renewal-deadline-contract-details

この表示によると、昨年発売日に購入した iPhone 6 は、 「更新月2016年9月21日から1ヶ月間」となっています。

auとの違い

auの2年縛り契約の解約月(更新月)の調べ方」で紹介したauですが、auの場合、更新月は、あくまで1日からの1ヶ月間です。

ちょっとややこしいですが、ソフトバンクは、「特定の日からの1カ月」が更新月です(1カ月は30日なのか、31日なのか…)。

「ホワイトプランR(i)」が2年縛りの実体

この2年縛りは、基本プランである「ホワイトプランR(i)」の、「※1ホワイトプランRは2年契約(自動更新)となり、更新月以外の解約等には契約解除料(9,975円)がかかります。契約期間は適用開始となった日から翌請求月末までを1ヵ月目として計算します。」という条項に起因します。

詳しくは(そんなに詳しくない):ホワイトプランR | ソフトバンク

ちなみに、ホワイトプランRによる2年縛りで基本使用料は、通常プランの1,867円/月から、半額の934円/月となっています。

更新月を忘れないように

というわけで、更新月を確認したら、手帳やカレンダーにでも書いておいて、忘れないようにしておくことをおすすめします。

せっかくのタイミングなので、見逃さないように。

更新月の表示を信じてはいけない

しかし、ところがどっこい、過去に、この表示が間違っていて、解約事故を起こすケースがありました。意味が分かりませんが、そんなものなので、二重の意味で気をつけてください。

詳細:SoftBankが更新月の誤表示を認めてくれるまでの流れメモ(個別対応してくれる模様)

コメント(0)

新しいコメントを投稿