情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「iTunesバックアップのパスワードを忘れてiPhoneを復元できない」とその原因

iOS 9 (30) iPhone 6s (53) iPhone 6s Plus (50) iPhone-バックアップ (4) iPhone-復元 (1) iTunes (27)

iTunesにiPhoneのデータをバックアップしていて、いざ復元しようとしたところ、パスワードを思い出せずに復元できないということが起こった人のお話です。レアケースかと思うのですが、どうでしょう。

パスワードを忘れた?

「新しいiPhone 6sに、iPhone 5sのデータを復元しようとしたところ、パスワードが求められ、パスワードが思い出せずに復元できない」というケースが今回の問題です。

このパスワードは、暗号化されたバックアップデータを復元するのに用いるパスワードです。

忘れた場合は解決策がない

忘れてしまった場合、公式ヘルプによれば、いろいろな心当たりのあるパスワードを試せ、ということになっています。

パスワードを思い出すまで、バックアップからのデバイスの復元を試してみることができます。思い出せない場合は、次の対処法をお試しください。
パスワードフィールドを空白のままにする
Apple ID のパスワード
コンピュータのアカウントにパスワードが設定されている場合は、そのパスワード
以前使用したことがあるメールのパスワード
Wi-Fi ネットワークのパスワード
以前使用したことがある Web サイトのパスワード
ハードディスク暗号化ソフトウェアをお使いの場合は、そのパスワード
iTunes をアンインストールして再インストールしても、この機能について効果はありません。 引用元

データが暗号化されているため、再インストールでもダメだよ、と書いてあります。

パスワードを設定した記憶が無い

ところがここで、「パスワードを設定した記憶が無い」というのが、今回のケースです。

iTunesでは、暗号化バックアップを有効にしたときのみ、バックアップが暗号化され、パスワードが必要になります。

初期設定で、暗号化バックアップはオフなので、自分でオンにする必要があります。そしてそのとき、パスワードを設定する必要があります。

ちょうどその人は、iTunesを昨日インストールした、と言っています。しかし、昨日パスワードを設定した覚えはないし、始めからチェックが入っていた、と言うのです。

どういうことでしょう。

設定が残っていた

どうやら、確かにインストールしたのは昨日だが、iPhone 5sを購入した2年前にも一度iTunesをインストールしており、そのときに一度設定していたようなのです。

その設定が、レジストリか何かに残ったままになっていて、今回インストールしたときにその設定が復元され、その当時のパスワードによって、暗号化されてしまったようなのです

古いパスワードで解除!!

というわけだったので、その当時を思い出して、最近使っていない古いパスワードを入れてみたところ、無事、暗号化が解除されました

まとめ

この種のトラブルシューティングは難しいですね。

「以前インストールしていた」という事実を引き出すこと、具体的には「以前インストールしていたかも」と類推することの難しさ。

コメント(0)

新しいコメントを投稿