情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Twitter:ツイート数取得API「count.json」提供終了のお知らせ

Twitter (89)

どうやら、Twitterのツイート数取得によく使われている「count.json」が、終了するようです。取り急ぎ、共有します。ツイートボタンやツイート数表示を表示しているサイト管理者は、確認しておいたほうがいいです。特に、ツイート数を記事のランキングのような、解析用データとして使っていたサイトは、特に重たい対応が必要になります

Webメディア・Webサービスの運営開発界隈にとっては、とてつもなく影響の大きいニュースです。

ここのところ、特定のURLを含むツイートの数を返してくれるJSON API「count.json」(http://urls.api.twitter.com/1/urls/count.json)が不調で、ツイート数表示に成功したり失敗したり(Chromeで"pending"表示)、激しいことになっていました。

ちょうどさっき、さっぱり読み込めなくなってしまっていたので、対策しようと様子をうかがっていたのですが、別にどうしようもない感じだったので、困ってしまい、同じ問題を抱えた仲間を探そうとしたところ、さっぱり話題になっていないけれど重要そうな話を見つけたので紹介します。

現状、count.jsonは、動いているときは、動き続けていて、動かないときは、ずっと動かない、みたいのを繰り返してるような状態です。

Twitterのボタン変更がある

次の、Twitter社の公式投稿に、来月(10月)から、Twitterの提供するツイートボタンのデザインが新しくなる、ということが書いてあります。

Next month the Tweet and follow buttons will switch to a modern, high-contrast design 引用元

twitter-count-json-shut-down-new-design

ツイート数の表示が無くなる、というのがポイントです(まず、このデザイン変更のビッグニュースがほとんど知られていない。あのツイート数バルーンが消えるのに)。

※↓この部分が消える twitter-count-json-shut-down-current-button-design

「...will be shut down next month」の記述

そして、終盤に、さりげなくこんなことが書いてあります。

The Tweet button has displayed share count over the last five years by querying a JSON endpoint hosted on various domains. These private JSON endpoints have been used by third-party developers over the years to retrieve a simple share count of any URL. These endpoints will be shut down next month when the Tweet button removes its share count feature. 引用元

日本語にすると、こんな具合。

ツイートボタンはもう5年くらいずっとツイート数を表示してたんだよね、JSON endpointを使ってさ。

で、その非公式JSON endpoints(private JSON endpoints)を使って、開発者たちはずっとツイート数を取得してたわけさ。

なんだけど、ツイートボタンからシェア数が無くなる来月からさ、それ終了すっからよろしく

さらっと、すごいことを言っています。

影響範囲、尋常じゃないハズなんですが……

※↓この部分の数字を取得できなくなる twitter-count-json-shut-down-current-button-design

その他の書き込み

他にも、「http://cdn.api.twitter.com/1/urls/count.json と http://urls.api.twitter.com/1/urls/count.json 、どっちがいい?」という質問に対して、Twitterの中の人がはっきり「非公式だぞ」、と言ってます。

Neither of those URLs should be used as neither of them are part of our public and supported API. That's why there is no rate limit documented. 引用元

また、こちらは中の人ではありませんが、こういう書き込みが現れ始めています(16時間前の書き込み)。

That endpoint isn't supported and will disappear soon 引用元

まだ情報が広まり始め、といったところでしょうか。

結論:count.json終了のお知らせ

つまるところ、今まで使っていた count.json は来月正式に終了するようなのです(教えてくれるだけ優しい)。

Forumの「ツイート数取れないっす」に対しても冷たいコメントを返すTwitterの中の人

来月、という話なら、今月中(あと数日じゃないか)は、使えるはずなのですが、もう使えたり使えなかったり状態です。

そこで、Twitter Developer Forum に困っている人いないかなーと思い、そちらを覗くと、関連する投稿はまだ少ない状態です。

その中の一つ、「Twitter not loading on social share counters(Tweet数が読み込めないの!助けて!)」という題名の書き込みに対して、Twitterの中の人(さっきのボタン変更のリリースを打っていたniallさん)が、次の返信をしていました

Twitter does not serve any of its APIs from cdn.api.twitter.com. Twitter does not have an official share count endpoint.

We are removing share count from our official Tweet button. 引用元

もうバッサリ、です。日本語にするとこんな雰囲気(※cdn.api.twitter.comは、count.jsonのドメイン。cdn.api.twitter.comとurls.api.twitter.comがあるっぽくて紛らわしい)

ツイッターってさ、もとから cdn.api.twitter.com なんてURLでの API提供なんて行ってないわけ。

そんなツイート数(シェア数)を取得するためのendpoint提供してないんっすわ。

シェア数の表示、公式Twitterボタンからも消す予定だし。

自分も知らずに使っていたのですが、 やはりcount.json なんてものは、完全に非公式だったみたいです。なので、「使えなくなったって、勝手に使っておいて何言ってんの」と言われても仕方なかったわけです

そして、別に来月になる前に不調であることについて何も言ってないので、普通にもうcount.jsonはシャットダウン中(メンテの力を弱めているとか)っぽいです。

この大事件に対する反応を探す

正直、ウェブ開発者にとって、大事件のような気がするのに、あまり反応が見当たりません。

ということで、もうピンポイントに、先ほどのデザイン変更の公式リリースページのURLを含むツイートを探してみると、いくらかみつかりました。

やはり、本当のようです。。。

しかし、こんなに反応が少ない状態で、count.jsonが止まる来月を迎えて大丈夫なのか?と思います。。。

ツイート数が表示されるサイトを運営している人へ

というわけで、独自に用意したツイート数表示(WordPressのプラグインなども含めて)で、count.jsonを使っている人は多いかと思います。

実際、count.jsonは、ツイート数を表示する方法として、広く紹介されていますので。

そんな人は、ちょっとしっかり事実関係&count.jsonの利用状況を確認してみてください。表示できないだけでなく、他の読み込みの足を引っ張るサイトもあるようなので。

自分も、手が空き次第、削除しようかと思います。→ひとまず消しやすいところから消しました(残りはまた後で)。

ひとこと

Tweetの埋め込みも、強制的にデザイン変わったしなぁ。。。って数字が出なくなって影響を受けるサイトの数…

影響の大きさを感じるツイートたちまとめ

コメント(1)

  1. ちんたいがー
    2015年10月14日(水) 15:22

    最近また復活してますよね。
    一体何だったんだろう。

新しいコメントを投稿