情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Tweetボタンのツイート数表示の廃止が本日11月20日に実施へ

Twitter (97)

以前、Tweet数取得API count.json の提供終了および、Tweetボタンの全面的なデザイン変更・ツイート数表示の廃止が決まった、とお伝えしていました。当初、10月に廃止・デザイン変更、とTwitter社よりひっそりとアナウンスされていましたが、10月中にその変更は適用されませんでした。しかし、その後改めて、11月20日、という具体的な日付が発表されており、その変更日がまさしく「今日」です。11月20日のどのタイミングだかは不明で、時差もあるので、11月20~21日と見ておくくらいが良さそうですが、早ければ本日中にも、この「ツイート数表示が無くなる」変更が実施されそうです。

※↓この部分が消える twitter-count-json-shut-down-current-button-design

引き続きツイート数取得APIを利用してウェブサイトを構築している場合は、代替方式の検討や、一時的なツイート数表示の撤去を急いで検討した方がよさそうです

変更内容

新デザインがこちらです:
twitter-count-json-shut-down-new-design

変更内容は、「ツイート数表示の廃止」です。

ツイートボタンに表示されていた、「ツイート数表示バルーン(吹き出し)」が削除されます。
twitter-count-json-shut-down-current-button-design

新デザインの画像中にも吹き出しはありますが、それはフォロワー数表示で、ツイート数表示のバルーンはありません。

詳しくは「Twitter:ツイート数取得API「count.json」提供終了のお知らせ」でも紹介しました。

実施日

そして、その変更の実施日が公開されました。

Recently, we announced a new design for our Tweet and follow buttons, as well as a deprecation of the Tweet count feature. We expect to ship these changes by Nov. 20, 2015. 引用元

この日付は2週間前に公開され、いよいよ本日2015年11月20日ですので、実施日は「本日」が予定されている、と考えられます(「by」となっているのは、サイト運営者、急げよ、という意味が含まれていたのだと思います)。

理由・背景

この理由は今まではっきりと語られていなかったのですが、どうやら、現在のTwitter社的には、この「ツイート数」表示について、あくまでURLを含むツイートの「数」に過ぎず、そのツイートの「影響力」などを表現できていないよね、といった否定的な考えのようです。

This count does not reflect the impact on Twitter of conversation about your content — it doesn’t count replies, quote Tweets, variants of your URLs, nor does it reflect the fact that some people Tweeting these URLs might have many more followers than others. 引用元

そして、このような効果的ではない機能を廃止する事によって、限られたエンジニアを、より重要な製品機能や公開APIへ回していきたい、という気持ちがあるようです。

技術的背景

そこには技術的背景として、今までカウント数APIは、Cassandraで動いていたようなのですが、今後、より利用するプラットフォームをシンプルにしていく一環で、Cassandraの利用を止め、Manhattanを使用したプラットフォームに移行する、という事情があるようです。

The mechanism by which we count Tweet shares today relies on using Cassandra. As part of our ongoing effort to consolidate and simplify the platform for supportability, we’re completing our migration away from Cassandra, in favor of Manhattan, our real-time, multi-tenant distributed database for Twitter scale. 引用元

カウント数の表示は、今後のスケーラビリティの足かせになる機能だった、とも読めそうです。

ただ、一応新プラットフォーム上にcounter機能を搭載することも考えたそうです。しかし、コストの問題や、他の機能の遅れにつながること等を考慮し、やはり廃止、と決定したようです。

ようするに、理由をまとめてしまえば、Twitter社が、(技術的な)プラットフォーム改革を行うのだけれど、その一環として重要度が低いツイート数カウントを廃止するということだったみたいです。

ひとこと

ちょっと時間が無くてちゃんと英語読めていないのですが、まぁ、また後で。

コメント(0)

新しいコメントを投稿