情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Adobe Premiere+Adobe Encoreで作成したDVDの音声がPowerDVDで再生できなかった原因

Adobe Encore (3) Adobe Premiere (6) ImgBurn (2) 結婚式動画 (4)

Adobe Premiere→Adobe Encore→ImgBurnという工程で、製作した動画を、DVDに焼いたのですが、確認のためにPowerDVD 13で再生しようとしたところ、音が聞こえませんでした。この原因と対策について、書き残しておきます。

音が出ない

DVDを再生してみても、音が出ませんでした。

音のデータを.isoファイルに入れ忘れたのかと、最初に思ったのですが、PowerDVDで再生情報を表示してみると、オーディオコーデックは、Dolby 192kであり、DVDにオーディオデータが記録されていないわけではなさそうでした。

Dolbyは、DVDの音声圧縮方式としては特殊でも何でもないもので、再生できないのはおかしい、と思ったのですが、どうも再生できません。

「PowerDVD x Dolby x 音が出ない」

そこで少し検索していると、次のページが見つかりました。

S/PDIFに出力したときに、ブルーレイの音声が出ないのはどうして?という質問なのですが、ちょうどPowerDVDを使っていることに加えて、Dolbyであり、私の出力先も光出力(S/PDIF)と、条件も揃っていました。

対策

その掲示板でのやりとりによれば、どうやらPowerDVDは、Dolbyオーディオを、ソフトウェアでリニアPCMにデコードするか、パススルーにするかをWindowsの設定でコントロールしており、これを変更することで直るのではないか、となっていました。

WinDVDやTotalMedia Theatreなんかだと、音声出力でSPDIFを選んだ時にパススルーにするかソフト側でデコードしてリニアPCMにするかはDVD再生ソフトの設定画面で選択できるんですけど、PowerDVDの場合にはOS側で設定するみたいなんですね。
そこらへんが原因かな、と。 引用元

そこでそこで指示されているとおり、タスクトレイ(画面右下の、いろいろなアイコンが並んでいるエリア)音量アイコンを右クリックして「再生デバイス」をクリックし、「サウンド」の「再生」タブを開きました。デバイス一覧の中の、S/PDIF出力をしているインタフェース「Realtek Digital Output(Optical)」を右クリックして「プロパティ」を開きました。

adobe-premiere-encore-powerdvd-dvd-audio-failure-device-list

そして、「サポートされている形式」を開いて、次のように変更しました。

adobe-premiere-encore-powerdvd-dvd-audio-failure-support-type-settings

  • エンコード形式
    • DTS Audio: オン→オフ
    • Dolby Digital: オン→オフ
    • Microsoft WMA Pro Audio: オフのまま
  • サンプルレート
    • 44.1 kHz: オフ
    • 48.0 kHz: オン
    • 96.0 kHz: オフ
    • 192.0 kHz: オフ→オン(不要かも?)

再生成功

この状態で、一度PowerDVDを再起動して、もう一度DVDを再生してみると、無事、再生できました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About