情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windows 10 にカスペルスキーをインストールする(Kaspersky Security Networkへの参加を回避する)

Kaspersky (2) ウイルス対策ソフト (6) カスペルスキー (15)

Windows 10にカスペルスキーの最新版(カスペルスキー 2016)をインストールした際のメモです。シリアルコードはクーポンで格安入手済みなので、大まかな流れは、「体験版をインストール」→「シリアルコードを入力」となります。体験版を使う、というのがポイントです。

体験版をダウンロードする

カスペルスキー最新版(現時点でカスペルスキー 2016)の体験版を、体験版ダウンロードページから、ダウンロードします。

今回選択するのは、「カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ」の体験版です。

↓まず、「今すぐ体験する」をクリックします。
kaspersky-2016-install-windows-10-download-page

↓次にWindows用の「ダウンロード」をクリックします。
kaspersky-2016-install-windows-10-download

今回ダウンロードされたのは「kis16.0.0.614aja_8771.exe (165 MB)」です。

インストールする

それをダブルクリックなどで開いて、インストールを進めていきます。

kaspersky-2016-install-windows-10-start-install

「インストール」→「同意する」とクリックすると、「Kaspersky Security Network に参加する」の画面が表示されます。

この選択肢には、「戻る」「同意しない」「同意する」の3つしかなく、「参加しない」がありません(前はあった気がする)。

しかし、「同意しない」をクリックすることで、先に進むことができます(重要)。私はそうしました。

起動

最後に、「本製品のインストールが完了しました」と表示されるので、「終了」をクリックします。

すると、自動的にカスペルスキーの管理画面が起動します。

最初にやること

そうしたらまず、管理画面のトップにある「アップデート」ボタンをクリックして、ウイルス定義ファイルを最新にします(最初は「定義データベースが長期間アップデートされていません」の表示)。

アップデートが終わったら、もう一度トップに戻って、「スキャン」をクリックして、スキャン画面を開きます。

コンピューター全体をスキャンします。本製品のインストール直後に完全スキャンを実行して下さい。完全スキャンには時間がかかる場合があります。

と表示されているように、「完全スキャン」を実行してください(かなり時間がかかる)。

ライセンスの登録

最後に、画面右下の「ライセンス:残り30日」をクリックして、シリアルナンバーの登録を済ませて完了です。

ひとこと

「ランサムウェア」「.vvv ウイルス / vvvウイルス」なんて言葉が昨日から大きく流行っているので、ウイルス対策ソフトメーカーはちょっとした特需がありそうです。

私は聞かれたらKasperskyをおすすめしています。

カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ 3年5台版(最新)
カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ 3年5台版(最新)

コメント(0)

新しいコメントを投稿