情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

職場提出などで自分のマイナンバーを通知より早く知りたい場合の裏技的方法

マイナンバー (11) 住民票 (1)

マイナンバーの通知がまだ届いていないのだけれども、職場や取引先に要求されて、早く自分のマイナンバーを知らないといけない、という人が、通知が届くより早く自分のマイナンバーを知る方法が、一部の役所のホームページに記載されているのを見つけたので、共有しておきます。

通知がまだ届かない場合

通知がまだ届かないなぁ、という場合の一般的対処法は、「マイナンバー通知がまだ届かない場合の問い合わせ方法」を参考にしてください。

この記事を書いている最中に見つけたのが、品川区と新宿区で紹介されていた、通知より先にマイナンバーを知る方法です。

どの役所でも使えるのかは不明ですが、品川・新宿以外でも、相談してみると良いかと思います。

早く知る方法

早く知る方法について、品川区と新宿区のページには、次のように記載されていました。

勤務先から通知カード(マイナンバー)の提示を求められているなどのご事情でお急ぎの場合は、個人番号を記載した住民票(1通につき300円の手数料が必要)を申請していただくことにより、通知カードの代わりに利用することが可能となります。 引用元

あらかじめマイナンバーを確認する必要がある場合などは、マイナンバーが記載された住民票の写し(広域交付住民票の写しを含む)や住民票記載事項証明書を窓口でご請求いただけます 引用元

つまり、通知が届くより先に、住民票の写しを、「マイナンバー記載」にして、請求するという方法です。

新宿区の場合は、10月5日時点で、すでにマイナンバーが記載された住民票の写しを発行できる準備ができていたようで、このような対応が、10月5日からできたようです。

どの市区町村でも可能であるかは不明ですが、職場で必要になった、といった場合に、使える方法だと思うので、いざというときは、自分の住民票の住所の役所に連絡して、可能か問い合わせてみるとよいと思います。

コメント(0)

新しいコメントを投稿