情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

マネーフォワードの「サービスの連携に失敗しました」エラーの原因「一時停止中」を調べてみると

iPhone (742) UCカード (1) マネーフォワード (6) みずほ銀行 (2)

マネーフォワードにて管理していたクレジットカードの引き落とし情報が、取得できなくなっていました。スマートフォンからは、「サービスの連携に失敗しました」と表示されており、詳細には「データ連携失敗」「該当サービスが混み合っております。時間をおいて再度取得して下さい」と表示されたのですが、パソコン版から見ると、全く違う原因が見えたので、紹介します。

マネーフォワードアプリでの「サービスの連携に失敗しました」

マネーフォワードのiPhone版アプリに、「サービスの連携に失敗しました」と表示されました。

money-forward-renkei-shippai-error-message

連携に失敗したのは、クレジットカード(UCカード)でした。

※みずほ銀行も連携に失敗しているのですが、これは週末の定期メンテナンスの影響です。

詳細を確認すると、「該当サービスが混み合っております。時間をおいて再度取得して下さい」と表示されました。

money-forward-renkei-shippai-error-message-details

PC版にログインして確認する

ここで諦めずに、PC版でログインしてみます。

すると、もちろんこちらでもエラーにはなっているのですが、理由に関する表示が異なります

まず、「ステータス:一時停止中」となっており、マウスオーバーすると「現在、自動取得を一時停止しております。システム対応中ですので、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。」と表示されます。

money-forward-renkei-shippai-error-message-details-pc

本当の原因

いまいちよく分からない文章で、「何のことだよ」、と思ってしまうのですが、直接UCカードのログインページである「アットユーネット」を開くと、その理由が分かりました。

そのログイン画面がこちら
capy-atunet

すぐ上に、次のお知らせが強調表示されています。

【重要】セキュリティ対策として「パズル認証」を導入しました。

ID・パスワード入力後、パズルを解いたうえでログインしてください。
※パズル認証結果を保存すると、次回以降はパズルが表示されません。

どうやら、capy社の不正ログイン対策が、2日前に導入されたばかりのようでした。

この仕様変更に、マネーフォワード側が、まだ対応できていなかったことが、今回の問題の原因のようです。

これを見ると、「一時停止中」の意味が分かってきました。マネーフォワード側の都合で、が省略されているわけです。

混み合っています、とは何だったのか。

パズル認証も回避できるはず

よくよく思い出してみれば、この「パズル認証」は、ソフトバンクの料金明細が確認できる「MySoftBank」というサイトで採用している、ものと全く同じです。

capy-mysoftbank

こちらは以前から導入されており、マネーフォワードでちゃんと料金が表示できているため、UCカードも、そのうち対応できると予想されます

強引なので仕方ない

マネーフォワード的なアプリは、ある種強引にデータを取り出しているわけなので、このあたりは仕方ないですが、エラーメッセージはもう少し分かりやすくして欲しいですね。。。

追加:freee でも

現在、クラウド会計サービス「freee」でも、「 UCカードは現在同期ができないため、明細のアップロードをお願いします。」というエラーが表示される事態となっています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿