情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

パスワード付きZIPファイルを作る方法(Windows 10, Windows 8.1)

Lhaplus (1) Windows (248) Windows 10 (56) Windows 7 (56) Windows 8 (36) Windows 8.1 (58) zip (1)

Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10 などで、パスワード付きZIPファイルを作る方法を紹介します。

標準機能で作れなくなった

以前のWindowsでは、簡単にパスワード付きZIPファイル(暗号化ZIP圧縮ファイル)を作ることができました

しかし、Windows 7 以降、Windowsの初期設定標準機能では、パスワード付きZIPファイルを作ることができなくなってしまったようです

そこで、今回は、Windows用の無料ソフトをインストールして、パスワード付きZIPを右クリックから簡単に作れるようにする方法を紹介します。

Lhaplus のインストール

今回は、日本製であることと、使い方がシンプルなどの点で「Lhaplus」というソフトを使います。

ダウンロード

まず、Lhaplusのダウンロードページにアクセスして、「窓の社からダウンロード」をクリックし、インストール用のファイル(lpls173.exe)をダウンロードしてください(lpls○○.exeの○○はバージョンによって変わります)

windows-password-zip-download-lhaplus

インストール

lpls173.exeをダブルクリックで開くと、最初に次の画面が表示されるかも知れません。

windows-password-zip-download-lhaplus-caution

そうしたら、ここでは「はい」をクリックしてください。

すると、「Lhaplus セットアップウィザードの開始」が表示されます。

↓「次へ」をクリック
windows-password-zip-download-lhaplus-setup-02

↓「次へ」をクリック
windows-password-zip-download-lhaplus-setup-03

↓「次へ」をクリック
windows-password-zip-download-lhaplus-setup-04

↓「インストール」をクリック
windows-password-zip-download-lhaplus-setup-05

↓「完了」をクリック
windows-password-zip-download-lhaplus-setup-finish

初期設定

自動的に、「Lhaplus シェル初期設定」画面が開くのですが、特に変更せずに「OK」をクリックしてください。
windows-password-zip-lhaplus-initial-settings

パスワード付き圧縮のやりかた

準備はあっという間だったと思いますが、実際のパスワード付きZIPファイルを作る作業も簡単です。

「.zip(pass)」を選択

まず、パスワード付きZIPファイルに入れたいファイルやフォルダを選択してください(複数選択したい場合は、Ctrlキーを押しながらクリック)。

そうしたら、↓の画像のように「右クリック」→「圧縮」→「.zip(pass)」を選択してください。
windows-password-zip-lhaplus-compress

パスワードを設定

すると、パスワード設定画面が表示されるので、↓の画像のようにパスワードを入力して、「OK」をクリックします。
windows-password-zip-lhaplus-input-password

パスワード付きzipファイルが作成される

すると、デスクトップに、.zipファイルが作られます

windows-password-zip-lhaplus-zip-file

設定を変えてみる

以上で、パスワード付きZIPファイルが作れるようになりました。

デスクトップ以外に保存する

今回紹介した初期設定では、ZIPファイルは、デスクトップに作られます。

これは設定で、「同じフォルダ」と「毎回保存先を選択」ということもできます。

設定を変更するには、デスクトップの「Lhaplus」アイコンをダブルクリックして、設定画面を開きます
windows-password-zip-lhaplus-icon

設定画面が開いたら、「アーカイブファイルと同じフォルダ(ZIP対象ファイルと同じフォルダに作る)」や「圧縮時に指定する」を選択して、「OK」をクリックして設定を確定してみてください。
windows-password-zip-lhaplus-folder-settings

これで、これ以降zipファイルを作るときに、保存先フォルダをデスクトップ以外にできます。

アイコンを普通のままにする

今回、Lhaplusを導入したことにより、.zipファイルの関連づけ変更というものが行われ、.zipファイルのアイコン画像が、氷のような水色のデザインになっています。

これを元に戻すには、まず、デスクトップの「Lhaplus」をダブルクリックして設定画面を開きます。
windows-password-zip-lhaplus-icon

次に、↓の画像のような位置にある「zip」のチェックをはずして、「OK」をクリックしてください。
windows-password-zip-lhaplus-zip-file-settings

続いて、ひとつ適当なzipファイルを右クリックして、「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」と進んでください
windows-password-zip-open-select-program

そうしたら、「このファイルを開く方法を選んでください」が表示されるので、「エクスプローラー」「常にこのアプリを使って .zip ファイルを開く」「OK」の順にクリックしてください。
windows-password-zip-select-program

これで、アイコンが元に戻り、Lhaplusを圧縮するときにだけ使う、ということができます。
windows-password-zip-default-zip-file-icon

よくある質問

よくある質問をここに書いておきます。

受信側の人にもLhaplusをインストールして貰わないとだめなの?→大丈夫!

パスワードを付けてzipファイルを作る人の多くが、誰か、例えば社外の人にメールに添付して送信するようなケースだと思います。

となると、その送信相手にも「Lhaplus」をインストールして貰わないとだめなの?と思うかも知れません。

しかし、Lhaplusでパスワード付きZIPを作って出来上がる.zipファイルは、Windowsの標準機能で今まで通り展開できます(Windows 10でも)。

つまり、最近のWindowsでは、パスワード付き「圧縮」は標準機能で出来なくなってしまっているのですが、「展開」はできるので、Lhaplusをインストールしてもらう必要はありません

参考:Windows 10 の、ZIPパスワード入力ウィンドウ
windows-password-zip-default-zip-file-extract

コメント(0)

新しいコメントを投稿