情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

sshfs 導入メモ

Linux (23) sshfs (1) Ubuntu (19) Ubuntu 14.04 (1)

sshfsを使ってみたときの実行コマンドや、エラー対策について、今後また使うとき用にメモしておきます(今回試したけれど、結局使わなくなった)。

sshfsのインストール

インストールはこれで完了です。

$ sudo apt-get install sshfs

マウント

今回は、リモートの「/var/www/did2memo.net/cache」を、「/var/www/did2memo.net/cache」にします(わかりにくい;)。

sudo sshfs -p 19880 did2@did2memo.net:/var/www/did2memo.net/cache /var/www/did2memo.net/cache -o IdentityFile=/home/did2/.ssh/id_rsa -o allow_other

ポイント

困ったポイント。

read: Connection reset by peer

コマンド実行後、「read: Connection reset by peer」が出てしまったのですが、どうやらこれは、IdentityFileオプションを、~を使わずに、フルパスで書かないといけなかったから、みたいです。

「-o IentityFile=~/.ssh/id_rsa」を「-o IdentityFile=/home/did2/.ssh/id_rsa」に変更したところ、うまく「Enter passphrase for key」と、非公開鍵のパスワードを聞いてくれました。

lsの結果が???だらけになる

sudo無しで「ls -l」を使って、マウントしたディレクトリを表示しようとすると、「d?????????」のようになり、ユーザー等もすべて「?」となってしまいます。

これを防ぐために「-o allow_other」を追加しました。

「sshfs -h」の説明:「-o allow_other allow access to other users」

アンマウント

アンマウントは、

$ sudo umount /var/www/ddi2memo.net/cache

でOKです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About