LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

iPadでもLINEに「フリック入力」を使う方法(キーボードを切り替える方法)

LINE (1014) LINE 5.9.5 (iPhone) (5) LINE-iPad (14)

LINEの5.9.5アップデートで、LINEがiPadに最適化されました。画面デザインが大きく変わっただけでなく、いろいろな部分が変わっています。その一つとして、トークを入力するときに、パソコンのようなキーボードが表示されてしまい、フリック入力できなくなってしまった、という人がいるようです。そこで今回は、iPadでも、LINEでフリック入力を使う方法を紹介します。

フリック入力の設定方法

まず、「設定」アプリを開いて、「一般>キーボード>キーボード」の順に進んで、「新しいキーボードを追加」をタップします。

そしてそこで、「日本語」→「かな」「日本語 - かな(フリックのみ)」を「追加」します。

この状態でLINEアプリに戻って、まずiPadを両手で左右からつかんで、左右の親指を広げるようにして、キーボードを左右に分割してください。

そうしたら次に、キーボードの中のどこかにある「地球」マークボタンをタップして、何度か画面を切り替えてみてください

もし絵文字の選択画面が出てきたら、左下の「あいう」をタップしてみてください

すると、キーボードの右側が、フリック入力ができるパッドに切り替わります

細かい手順には難しい部分も多いのですが、取り急ぎ簡単な形式とはなりますが、メモしておきます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿