LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEユーザー100万人が「『もらえた!』って友だち20人に送信してくれたらコインをプレゼント!」という偽運営アカに騙されて友だち追加してしまう事態が発生

LINE (1015) LINE-スパム (117) LINE-ユーザー (1) LINEat (75)

本日LINE内にて、「お詫び1000コインプレゼント」という、LINE運営を装った、偽アカウントが大拡散されました。

簡単に説明すると、まず、LINE友だちから「この人を友だち追加したら、お詫びのコイン貰えたよ!」というメッセージが届きます

そして実際に友だち追加してみると、「コインを受け取るためには、次の文章を20人の友達に送信してください→『この人を友だち追加したら、お詫びのコイン貰えたよ!』」という指示が来る、というものでした。

分かる人には、この説明で、拡散された仕組みが十分伝わると思います。

なんでこんなものに騙されてしまうんだ!、と。

しかしなんと、こんな手法で友だち追加してしまったユーザーの総数、実に100万人越えです。

naver-line-owabi-1000-coin-present-2016-03-11-damasareta-100-man

そこで今回は、「なんでこんなものに騙されてしまうのか!」という所について、LINEユーザーの生の声を集めて、感じ取っていきたいと思います

偽公式アカウントから届くメッセージ

詳細な内容は別掲記事(騙されそうになっている人向けの記事)に任せるとして、基本的な騙される流れは、先ほど紹介したとおりです。

naver-line-owabi-1000-coin-present-2016-03-11-talk

これが原因で、拡散に拡散を重ねた結果が、次の100万ユーザー越えの数字です。

naver-line-owabi-1000-coin-present-2016-03-11-damasareta-100-man

100万ユーザー増えるのに、5時間もかかりませんでした

(逆に言えば、100万ユーザーに至るまでの5時間野放しだったわけですが)

LINEユーザーの声

ここから、LINEユーザーの声を見ていきます。

蔓延が分かる

まずは、いかにLINEアプリが「騙された人だらけ」になったかの分かるツイートをピックアップします(無数に存在)。

騙された

実際に騙されたことに後から気が付いた人、騙されたままの状態の人の声を見てみます。

なぜかすぐ乗っ取りに関連づける

LINEで特徴的なのが、「スパム=アカウント乗っ取り」、と捉えるユーザーの多さです。

うーん。

瞬く間に100万フォロワー突破

こんな勢いで、まず30万、

そして85万、

最終的に100万越えを達成しました。

naver-line-owabi-1000-coin-present-2016-03-11-damasareta-100-man

公式に問い合わせる人々

この件について印象的なのは、公式へ問い合わせる人々です。その数もさることながら、その内容はいろいろで、見応えがあります。

本物ですか?

一番多いのは、そのアカウントが本物ですか?と、問い合わせているパターンです。

騙された上で公式へ苦情

その一方で、本物のLINEが公式に運営するアカウントだと思い込んだまま、LINE運営公式アカウントに「苦情」を送るユーザーがとても多かったです。

↑何度も何度も、ずっと騙されたまま、信じ続けている、と。

凍結後

結局、100万ユーザーを達成した直後、とうとう偽アカウントは凍結されるのですが、凍結後、友だち追加が制限されるメッセージがまぁ汎用なものであったため、騙された人の反応が、「お詫びなのに制限するとは何事だ」ということになってしまいました。

お休みです!

ちなみに、これだけ問い合わせが集中していますが、公式からの返事や、発表、注意喚起などは一切ありません

というのも、LINE運営は昔から、土日にデマが流行っても対応しない、という傾向というか体制があり、今回のように土曜日に流行してしまうと、アナウンスがさっぱりされず・・・やられたい放題に・・・なんてことがあります。

まぁ、最近は平日であろうとそういうアナウンスはしてくれないのですが。

わざわざTwitterでアナウンスなんてしたら、こういうスパムを見かけることの無い、そういうユーザーとは無縁のユーザーにまで、スパムが蔓延している状況が見えてしまいますし。。。

超解釈

最後に、その発想はなかった、なツイートを紹介します。

LINE運営が乗っ取られているんだ

LINE運営が乗っ取られている、という解釈。

LINE運営が個人情報を盗もうとしてたんだ

いや、よくわからないです。

子供に教える、という観点から

子供に注意した、という展開が理想だなぁ、と思っていたのですが、理想がまずありました:

で、まぁこっち側もあるわけでして:

難しいですね…

スパム業者目線

この現状、スパム業者目線だと、だいぶやりたい放題で、楽しめているのかな、と思います。

今回、100万ユーザーを集めるほど成功したのに、アプリインストールアフィリエイトを打ったり、別アカウントに転送&分散させてユーザーを確保しておくなどといった、儲ける手段に出る前に凍結されてしまったようなのですが、本気で儲けにかかったら(いつもの業者たちなら)、とてつもない金額をたたき出せたものと思われます。。。

コメント(0)

新しいコメントを投稿