情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Twitter「上限に達しました」でフォローできない原因と対策

iPhone (750) Twitter (97) Twitter-エラー (1)

iPhoneのTwitterを利用していると、新しくフォローをしようとしたときに、「上限に達しました」というエラーが表示される場合があります。このエラーが表示される意味と対策について紹介します。

「上限に達しました」でフォローできない

Twitterアプリでフォローしようとした場合に、次のエラーが出て、フォローに失敗してします場合があります。何度やってみても、フォローできません。

上限に達しました

現在、これ以上のフォローはできません。

「現在」と言われますが、何度試しても失敗してしまいます。またかといって、Twitterに障害が発生していると言うこともなさそうで、ツイートなど、普段通り利用することが出来ます。

原因

このエラー表示は、フォローできる人数の上限に到達してしまったことが原因です。

実はツイッターは何人でも無制限にフォローできるわけではなく、通常5001人以上をフォローすることはできません(2015年10月に2000から5000に上限が引き上げられました)

そのため、既に5000人フォローしている場合、それ以上のフォローができず、「上限に達しました」エラーが出てしまいます。

上限以上をフォローするためには

この上限を超えてフォローするには、逆に、自分のフォローわーを増やすことが必要です。

実は、「自分のフォロワー数×1.1」が5000より多ければ、その人数まで、フォローすることができます

例えば、自分が1万人からフォローされていれば、フォローできる上限は5000ではなく、1万×1.1=11,000人となります。

このとき、11,000人以上をフォローしようとすると、また先ほど同様の「上限に達しました」エラーになります。

簡単な対策

しかし、5000人規模のフォロワーを獲得するのはなかなか難しいかと思います。

ただ実は、単に今フォローしたい相手をフォローするだけであれば、現在フォロー中の人をフォロー解除することで、フォローできるようになります

つまり、上限を守った上で、フォローする相手を変更する、という対策です。通常、こちらの対策がオススメです。

別途1日のフォロー数上限あり

ただし、上限まで十分余裕のある人数しかフォローしていなかったとしても、1日の間に急激にたくさんのユーザーをフォローしてしまうと、これはこれで次の別のエラーが出てしまうので、注意が必要です。

スパムアカウントによる甚だしい行為を制限し、サイトへの負担を防ぐために儲けられた技術的制限に達しました

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿