LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINE「Letter Sealingメッセージが復号されていない可能性があるため表示できません」エラーについて

LINE (1015) LINE-Letter Sealing (16)

LINEのトーク受信時に、受信トーク本文が表示されず、その代わりに「Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません。友達にメッセージの再送信を依頼してください。」と表示されてしまう問題が一部ユーザーに発生しています。「メッセージが復号されていない可能性があるため」という、「復号されていない"可能性"」って何だよ、な謎エラーです。

※2016年7月6日(水)の夕方頃より、このエラーが表示されてしまう障害が発生しています。詳細はこちら

Letter Sealingエラーの内容

メッセージを受信すると、メッセージの本文がエラー表示になってしまいます。

Letter Sealing
メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません友達にメッセージの再送信を依頼してください

「復号されていない可能性があるため」というのが本当に謎です。復号されているかどうか、判断が付かない状態ってどういうことなんでしょうか。エンドツーエンド暗号化なのですから、復号するのは手元のアプリな分けで、自分が復号したか復号してないか判断が付かない、というか、手元のデータが暗号化されたままなのかどうかなのか区別が付かないとでも…?謎です。

Letter Sealing は両方が有効にしていないと動作しない

このエラーを見て、自分もしくは相手だけがLetter Sealingを有効にしていて、暗号化されたまま復号されないのではないか、なんてことを重いそうなのですが、Letter Sealingは、そもそも一対一トークに参加している2人ともが「ON」にしていなければ、そのトークでは有効になりません。

なので、「片方だけLetter Sealingが有効なトーク」というのは基本的に存在しないはずです。

対策について

対策としては、Letter Sealingをお互いに無効にするなど、設定を変更してみるというのを最初に試してみてください。

Letter Sealingの設定は、LINEアプリの「設定>トーク・通話>Letter Sealing」でON/OFFができます。

情報募集中

これで解決しない場合、LINEの再インストールも試して欲しいのですが、履歴が消える問題もあるので、適宜運営に問い合わせるようにしてみてください。

また、この不具合はまだ発生して間もない種類の不具合で、情報が不足しています。コメント欄にて情報募集中です。よろしくお願いします。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿