情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Instagram新規登録時に「利用規約への違反があった為アカウントが停止されました」エラーがでて使えなくなる問題について

Instagram (9) iPhone (747) Snapchat (8) 利用規約 (9)

Instagramにはじめて登録するのにもかかわらず、「利用規約への違反があった為アカウントが停止されました」というエラーが出てしまい、Instagramアクアントが作れない、という問題が以前から発生しています。なのですが、この問題に関する情報は少なく、原因もよくわからないままになっています。そこでこのページに、そういう現象が発生しているという情報を共有しておきます。

「利用規約への違反があった為アカウントが停止されました」エラー

Instagramの登録作業を終えた直後に、次の利用規約違反エラーが発生してしまう場合があります。

エラー
利用規約への違反があったためアカウントが停止されました:http://instagram.com/about/leagal/terms/

このエラー、Instagramに投稿しているうちに表示されたのならまだ分かるのですが、アカウント登録直後に表示される、というのは謎です。

即BANです。

登録情報に違反がある?

となると、登録情報に違反があるパターンが疑われます。

しかし、Snapchatでのアカウント作成エラーの原因のように生年月日を入力する場所はなく、年齢制限ではなさそうです(InstagramもSnapchat同様、13歳以上の年齢制限有り)。

電話番号を前回利用していたユーザーが規約違反をしていて、それが引き継がれた、なんてことを考えてしまいそうですが、Instagramに電話番号登録・SMS認証は必要ありません。

となると、ユーザー名に問題のあるフレーズが含まれていたり、ユーザーアカウントのアイコン画像が規約違反になるもので、それが自動検出されている、なんてことが考えられます。

あとは、Facebook連携時に、Facebookの情報(年齢など)から、利用規約違反判定されている、なんて可能性もわずかに考えられます(どこまでデータ連係するのかによってはまず無理だったりするかも)。

対策

こんな状況で、かなり不可解なのですが、端末と関連づけられた利用禁止が設定されていないことを祈りつつ、Instagramを再インストールして、極力無難な設定内容(アイコンを設定しない・Facebook連携はしない・アカウント名はありふれたものにする、など)で、再設定してみてください。

うーん、単なる不具合なのかなー、とも思うのですが、かなり謎です。

追加:原因について

Instagramで2つ目のアカウントを取ろうとした場合に表示されるケースが多いようです。

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿