情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

埼玉・栃木・群馬などでの「地震雲」の目撃情報と「地震雲って本当なの?」について(2016年5月5日)

地震 (50) 地震雲 (16)

本日2016年5月5日の夕方頃より、関東地方にて、地震雲の目撃情報が相次いでいます。その中でも特に、埼玉・栃木・群馬で目撃された「A」の形に組み合わさった、帯状の細長い雲の目撃がとても多くなっています。また、神奈川や東京でも、同様の帯状の雲が地震雲ではないかと言われています。この話について、紹介します。

埼玉・栃木・群馬など関東地方での地震雲目撃情報

関東の北側(埼玉・栃木・群馬などが中心)での目撃が相次いだ、「A」の字のように重なった雲が「地震雲」として話題になっています。

見た目の怪しい雲は地震雲を疑う

今回の場合は、雲(空)の見た目の珍しさがかなり強く先行しています(比較:良く言われる地震雲らしいさの高い形状の雲の場合)。

見た目が納得いかない、珍しく感じる雲に対して何らかの理由を付けようと、地震雲を持ち出してしまう、という背景が強く出ているように感じます。

「ひとつひとつが地震雲、クロスするとさらに危険」の考え方

sおしてどうやら、「A」の字に重なっていること自体が珍しく見えて「地震雲なのでは」と思われる以外にも、1つ1つの帯状の雲がもう既に「地震雲」であり、それらが3つ重なって、より危険度の高い地震雲と解釈されるパターンが見受けられました。

地震雲について

「地震雲って本当にあるの?」については、今日別のページで書いたばかりなので、そちらを参考にしてください。

その他の地震雲の目撃

今日は、新潟での地震雲目撃情報が相次ぎました。また、一昨日は、似たような雲が宮崎で多く目撃されました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿