情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

愛知で「地震雲」の目撃情報相次ぐ→「地震雲って本当なの?」について

地震 (50) 地震雲 (16)

本日2016年5月11日、愛知県や三重県を中心に、「地震雲が見える」の声が相次ぎました。その目撃情報のまとめと、「地震雲って本物なの?本当にあるの?」と思っている人向けの情報を紹介します。

その一方で今回も、地震雲を見る人たちの思考についてメモしておきます。

※2016年12月1日(木曜日):昨日「名古屋港のほうから『地鳴り』がする」の声が急増し、「地震の前兆ではないか」と、現在大きな話題となっています。

※2016年6月18日10時頃より、「地震雲」の目撃が増えています。詳細はこちら

愛知県で目撃された?地震雲

地震雲を見た、という声が多数あります。特に、愛知県の半田市・岡崎市をあげる声が目立ちましたが、このあたりは、「愛知の半田で」との声が拡散された影響かと思われます。実際のところは各地から見ることが出来た雲であり「常滑市」「西尾市」などもよく言われています。

また、「熊本のときと同じような雲」の声も目立ちます。

また、2日前の次のツイートが、再び広まっています。

地震雲って本当なの?

気象庁の「地震雲って本当なの?」という質問に簡単に答えるとすれば、「地震雲の存在は科学的に何も示されていない」となります。少なくとも、雲に基づいて、地震を予測することは出来ていません。

これ以上の詳しい解釈は長くなるので、続きはこちらへどうぞ。

特徴

今回の「地震雲」の噂の特徴は、「最近多い」という、ここ数日間の「地震雲目撃情報」の影響を大きく受けていることと、実際に「地震雲」と今回言われている雲が、「よく地震雲と言われる雲」からは大きく外れているものの、珍しさや特別な綺麗さから、地震雲と結びつけられている点です(ここにはもちろん、ここ数日の目撃情報の影響も大きい)。

最後に紹介した2日前のツイートが、本日再び伸びているというのも、特徴的で、地震雲に対する注目が、「最近あった自身に関する出来事」に大きく影響を受ける一例になっています。

5月17日の予言との関連づけ

ここから、最近話題にされている、5月17日に何かが起こるという予言にリンクさせて考える人も増えているようです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿