LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

600ポイントプレゼントアカウントが「くれは」に名前を変更して活動開始

LINEat (75) LINEat-スパム (50)

本日昼頃より、LINE運営に成りすまして、「600ポイントを貰える」という触れ込みで拡散されていた「お詫び600ポイントプレゼント」アカウントが、友達を10万人集めた18時ごろ、「くれは」に名前や画像などを変更し、もともと面白画像を投稿するアカウントであったかのように装い、10万人のフォロワーがいるLINE@アカウントとしての活動を開始しました

naver-line-line-at-spam-owabi-600-point-kureha

10万人に到達

17:45ごろ、「お詫び600ポイントプレゼント」アカウントが10万人の友達登録(フォロワー)を達成しました。

naver-line-line-at-spam-owabi-600-point-100000

このアカウントは、「障害発生のお詫びとして、600ポイントをプレゼントするから、『友達登録したら600ポイント貰える』という内容の投稿をしてください」という指示を出すことで、6時間程度のうちに、10万人の友達を集めました

LINEは現状、このようなスパムアカウントがやりたい放題となっています。

アカウントを「くれは」切り替え

その10万人を達成した直後、アカウントの名前を「くれは」に変更し、画像もピカチュウに、背景画像なども変更して、一気に路線を変更しました。

↓先ほどと見た目は全く異なりますが、内部的には同一アカウントです。

naver-line-line-at-spam-owabi-600-point-kureha

LINEの機能的に、このような急な変更に、ユーザーが直接気が付くことはできません

ユーザーからすると、突然タイムラインに「くれは」というユーザーが現れたように感じる程度で、なかなかその正体が「お詫び600ポイントプレゼント」だったとは気が付けません(トーク履歴を開けば気が付けますが、疑いを持つなどしない限り、タイムラインからトークへたどる理由がありません)

面白系投稿を開始

そして瞬く間に、次のような、興味を引く、面白系(パクツイと良く言われる)の投稿を開始しました。

naver-line-line-at-spam-owabi-600-point-kureha-post-01

こうして、LINE運営になりすまし、ポイントやスタンプのプレゼントをちらつかせるだけで10万人の購読者を数時間のうちに集めた上で、面白投稿アカウントを開始できてしまっています

早速、先ほどまでポイントをくれる存在だったはずのアカウントの「共有してね」に反応して、200共有、600いいねしてしまっているようです。

今後のアカウント

今後は、10万人もユーザーがいるため、いろいろとやりたい放題です。

いずれにしても、ここからお金を稼ぐことは簡単で、面白い投稿が載っていると自分のサイトを紹介し、広告へ誘導するなどする有名な方法を実施することが考えられます。

関連記事

コメント(0)

新しいコメントを投稿