情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

メルカリCMの「住所を知られず取引」のらくらくメルカリ便ってどういう仕組みなの?本当なの?について

メルカリ (46) メルカリ-発送方法 (1)

mercari-jyuusho-shirarezu-torihiki

現在、フリマアプリ「メルカリ」のCMが放送中で、「お互いに住所を知られず取引できる」がアピールされています。これに関して、CM中に仕組みの説明がされないために、「どうやっているの?」「住所を知られずになんて無理」などの反響が増えているようです。

そこで今回は、CMで登場する「住所がバレない」おすすめの配送手段「らくらくメルカリ便」の仕組みの概要を説明します。

CM「らくらくメルカリ便編」

話題のコマーシャルがこちらです。

お互い住所知られずに取引できる」「住所を知らせずに取引できる」などのキーワードが登場します。

反響

これに対して「そんなわけない」など、いろいろな反響があるようです。説明がないので、気になる人も多いのだと思います。

「らくらくメルカリ便」を利用すると住所を知られず取引できる

まずここでのポイントは、メルカリでは、配送方法を自由に選択できます

通常の配送方法の場合

ここで、普通に「ゆうパック」を利用したりすれば、もちろん、宛先を、荷物に書かないと、届きません

なので、発送する前に購入者に住所を教えてもらう必要が出てきてしまいます(購入者→発送者)。

また、発送者の住所も荷物に書かないといけない決まりですから、発送者の住所を、購入者に教えることになってしまいます(発送者→購入者)。

らくらくメルカリ便の場合

ですから、メルカリを利用していれば、絶対に住所がバレない、というわけではなく、普通の発送方法を使っていたら、当然知られてしまいます

しかし、「らくらくメルカリ便」という発送サービスを利用すると、「住所を教える」という部分が不要になり、住所をお互い知られずに商品を発送したり、受け取ったりできる、というわけです。

らくらくメルカリ便の仕組み概要

らくらくメルカリ便では、「メルカリ運営(株式会社)」と「クロネコヤマト(ヤマト運輸)」が連携することで、その「住所を知られない仕組み」を実現しています。

クロネコヤマトが住所を知っている

まず、メルカリで取引が成立すると、クロネコヤマトに、買った人と売った人の情報(名前や住所など)が提供されます。

あとは、売った人が、荷物をクロネコヤマトに持ち込むと、クロネコヤマトの人は「あ、あの取引で商品を売ったAさんですね」という確認だけをします(実際は専用のコードを端末に打ち込んだりしますが割愛)

そうしたらクロネコヤマトの人は、先ほどの「売った人&買った人の情報」を参考に、買った人に商品を届ける、これだけです。

つまり、取引した両者の住所をクロネコヤマトが知っているおかげで、全く住所を知らない人宛の荷物が届くというわけです。

伝票

もちろん、細かい所も工夫されています。

例えば、商品に貼られる伝票(送り状)は特殊な専用の伝票で、通常のものとは異なり、「伝票に書いてあってバレる」が発生しないように工夫されています。

なお、荷物へ貼り付ける送り状は、出品者が営業所を退店してから、2次元コードを読み取り、出品者の氏名・発送元の情報がない送り状を荷物に貼り付けますらくらくメルカリ便

利用方法と注意点

実際の細かい利用方法は、画面に表示される指示通りして、最悪クロネコヤマトの営業所の人に聞けば、丁寧に教えてくれるはずです。

ただ、販売開始前、購入前には、注意が必要です。

送る側:配送方法をメルカリ便にする

先ほども紹介したように、メルカリ便でなければ、住所がバレてしまいます

では、発送方法の選択はいつするのか、というと、出品時にメルカリ便を選択しなければなりません

出品画面に「配送の方法」の設定があるので、そこで「らくらくメルカリ便」を選択してください。

mercari-jyuusho-shirarezu-torihiki-select-send-method

mercari-jyuusho-shirarezu-torihiki-select-mercari-bin

買う側:配送方法がメルカリ便になっている商品を買う

また、買うときは、配送方法に「らくらくメルカリ便」が設定されている商品を買うようにしてください。

mercari-jyuusho-shirarezu-torihiki-buy-mercari-bin-items

メルカリ便ではない商品の購入が成立すると、自動的に住所が相手に通知されてしまいます、注意してください。

その他の注意

「住所知られないはずなのに、住所の入力があった!嘘だ!」についてですが、先ほどの仕組みの説明から分かるとおり、メルカリとクロネコヤマトには、住所を教える必要があります。

なので、完全に「住所無し」ではなく「売り買いした人同士で住所がバレない」という話です。勘違いしないように注意してください。

また、今のところ、「メルカリ便」が配送方法に設定されている商品が多数です。適当に購入すると、メルカリ便ではなく、住所が知られてしまいます。購入前に、ちゃんと「配送の方法」欄を確認するようにしてください。

関連記事

コメント(0)

新しいコメントを投稿