情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「ポケモンGOの日本版リリースが明日の午前10時」「48時間以内にリリース」の噂の情報源と広まった背景について

Android (338) iPhone (747) ポケモンGO (157) (5)

ポケモンGOの日本版の提供開始が、明日2016年7月15日の午前10時である、という噂が広まり続けています。

一方で、明日の午前10時の噂はデマで、昨日の「48時間以内にリリースされる」という噂が本物だ、という噂も広まっています。

この2種類の噂が、どんな情報源から、どんな経緯で広まったのか、いろいろ読んで回ってみたので、その雰囲気をここで紹介しておきます。

pokemon-go-how-to-download-search-result-before-launch

※現在、明日7月16日(土曜日)の12時にダウンロード可能になるという情報が広まっています(詳細

「明日の午前10時にポケモンGOがリリースされる」情報の広まり

現状、明日の午前10時にリリースされるという情報が決定事項のようにTweetされている姿が目に付きます。

「デマ」の声

これに対し、「デマらしい」という話も同時に広まっています。

情報源は?

そもそも「明日の10時」という話がどこから出てきたのか調べてみれば、もともと、次の文章が広まったことが原因のようです。

Pokemon GO – Available In Japan tomorrow (10am JST) Players from across the globe are patiently waiting for Pokemon GO’s release in their countries. We have great news for you; Niantic has started its Japan launch and the game is currently available in Japan!

この文章がどこに書いてあったのか、といえば、次のニュースサイトの記事です。

しかし、既に修正・更新・訂正されてしまったのか、該当する文章は見当たりません。Internet archiveやGoogle Cache、コメントの中などを探しても、見当たりません。

つまり、既に最初の情報源がたどれない状態で、信じるも何も、という状態になってしまっています。

「公式が否定」の意味

この状況に加えて、

という、ツイートが根拠となり、「デマだ」と強く言われるようになりました。

ここで「デマ」という言葉の意味についての議論はちょっと置いておくとしても、公式が否定したことは、10時にリリースされないことを意味しない、ということです。あくまで公式が否定しただけであり、公式は否定したが、本当に10時にリリースした、10時、というのはリーク情報だった、というのはいくらでも考えられます。しかしそれでも、少なくとも「公式情報で明日の午前10時らしい」という言い方は間違い、と解釈することができます。

また一方で、ゲームのリリース元は任天堂でも株式会社ポケモンでもなく、Niantic社であり、問い合わせ先がそれでいいのか、という指摘もあります。

ただどちらにしても、それ以前に、「10時」という噂の元になったとされるページに情報が残っていないことから、かなり説得力の薄い噂であることは間違いありません。もちろん、さらに考えを進めれば、Nianticに怒られて消した、ということも考えられます。

現状このような状況なので、あとはそこから明日10時にリリースされると考えるか、考えないかは、これらの情報を元にどう推定するか、という問題になります。

48時間以内にリリースの噂

明日の朝10時、という噂がデマである、嘘であると言われるにつれて強調されているのが、そもそも昨日、リリースが48時間以内に実施されるという情報があり、金曜日中までには、リリースされるはずだ、という噂です。

こちらの情報源についてはまだ否定されていないんだから、どちらにしても明日出る、という書き込みも目に付きます。

否定されていなければ正しいのか、とか思ってしまうのですが、こちらの情報源は、また別のニュースサイトの記事のようでした。

どうしてこのニュースサイトの噂が広まったのかと調べてみれば、このニュースサイトの公式Twitterアカウントのツイートが拡散されたから、のようでした。

では、何故そんなに説得力を持ってこのニュースサイトの記事が受け止められたのか。

そのあたり、読み手の反応を見てみると、どうやら、このニュースサイトの公式Twitterアカウントに、Twitterの公式アカウントバッジがあった(認証済みアカウントだった)から、というのが強力だったようです。

ニュースサイトに公式バッジがあるのは、確かに何もないよりかはマシですが、ただ公式バッジがあるだけで、公式発表されていない内容を含むニュース記事をそこまでがっつり信用する、というのはちょっと不思議に感じられます(とはいうものの、この「公式バッジ」に非常に大きく左右される傾向は以前からとても強く、気になる傾向です)。

もう「公式」という言葉が一人歩きしてしまっています。

「Apple公式Twitterが」というのも広まっていたので、次のツイートをたどってみました。

ここからたどると、

に言及しており、このリンク先の記事で、前述の「HYPERBEAST」公式アカウントのツイートについて、「フォロワー36万人もいるアップルのアプリ関係の公式アカウントだから嘘ではないはず」という2chへの書き込みが掲載されています。

この書き込みの「アップルのアプリ関係の公式アカウント」をどうやら「Apple公式」と解釈しているようですが、より厳密に書けばこれは「アップルのアプリ関連の(記事を載せているニュースサイトの)公式アカウント」であって、「Appleの公式情報」という意味では全くありません。書き込みも変な解釈をしていますし、それをさらに間違って読んでしまっている、というような状況から広まったようです。

この2chへの書き込みが各所でまとめられて、「公式情報」という箔が付いて広まってしまった、ようです。

うーむ。

ポケモンシリーズに携わる増田順一氏のブログ

ちょうどこの48時間の噂が広まった後に、ポケモンシリーズに携わる増田順一氏が、ブログにこんなことを書いています。

そして
日本のみなさん
欧州やアジアのみなさん
お待たせしています



安定して
リリースできるまで
もうしばらくお待ちください 引用元

これを、今週中に公開されるという噂に対する返答として読むかどうかは難しいところですが、まさに中の人の投稿なので、前述のいくつかの情報源と比較したら、ずっと公式な内容です。

公式サイト

コメント(0)

新しいコメントを投稿