情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ポケモンGO:「GPSの信号をさがしています」エラーが出て固まってしまう場合の復旧・対処法

Android (340) iPhone (750) ポケモンGO (157) ポケモンGO-GPS (1) ポケモンGO-GPSの信号をさがしています (2) ポケモンGO-エラー (3) ポケモンGO-不具合 (6)

iPhone版「ポケモンGO」で遊んでいて、アプリ切り替え直後などに、「GPSの信号を探しています」という赤いエラーが表示されて固まってしまい、何も操作できなくなってしまうことがあります。そして、そのままにしていても、なかなか戻りません。また、ゲームを始めた直後、海の上でこの状態になってしまうケースも多いようです。

そんなときに確認したい設定・対処法を紹介します。

pokemon-go-gps-signal-detecting-error

「GPSの信号をさがしています」エラー

別のアプリからポケモンGOにアプリを切り替えた直後などに、画面上部に次のエラーが出る場合があります。

pokemon-go-gps-signal-detecting-error

GPSの信号をさがしています

この赤い目立つエラー、数秒程度ですぐ消える場合もあるのですが、今回注目したいのは、なかなかこのエラーが消えないケースです。

確認・変更してみたい設定:Wi-Fi

このエラーが出る場合に確認・変更してみたい設定は、Wi-Fiの設定です。

家にWi-Fiが有ろうが無かろうが関係なく、とにかくiPhone本体のWi-Fiの設定を「オン」に設定してみてください。

設定は、設定アプリから「Wi-Fi」を開いてすぐのところにあります。

pokemon-go-gps-signal-detecting-error-trun-on-wifi-settings

※この画像の状態がオフ(灰色)なので、タップしてオン(緑色)の状態にしてください。

すぐエラーが消える

この設定を切り替えると、私の場合はすぐエラーが消えてくれます。

というのも、iPhoneなどのスマートフォンは、Wi-Fiの電波も、現在位置を特定するのに利用しているからです。

つまり、「GPSの信号をさがしています」というエラーなのですが、とにかく「現在位置を特定できていません」という状態なので、位置が分かる別の手段として、「Wi-Fi」を「オン」にしてあげるのです。

また、そもそもGPS自体は位置を特定するのに時間が掛かったり、大きなずれが発生することも多いため、ポケモンGOで遊ぶ最中は、Wi-Fiを常にオンにしておくことをおすすめします。

固まっていたら

GPSは使えるはずなのに、もう既にWi-Fiがオン、という場合には、アプリの再起動を試してみてください

ポケモンGOは、結構すぐアプリが固まります。

アプリの再起動手順はこちら:アプリを再起動する方法

コメント(0)

新しいコメントを投稿