情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ポケモンGO:「近くにいるポケモンのこのシルエットは何のポケモン?」まとめ

Android (340) iPhone (752) ポケモンGO (157)

ポケモンGOの「近くにいるポケモン」という機能では、まだ捕まえたことのないポケモンが、影として表示され、捕まえるまで何のポケモンだか分かりません。

pokemon-go-silhouette-faq-onidoriru

すると、「近くにいるこのシルエットのポケモンは、何だろう?強いのかな?レアなのかな?」と、いろいろと疑問に思う人が多いわけですが、その疑問の傾向として、よく出現する割に、シルエットが分かりにくいポケモンに、その疑問が集中していることが分かりました。

そこでこのページでは、よくある質問として、シルエットと、シルエットの特徴および、その答えポケモンを紹介します。

一番目立つのが「この鳥のポケモンは?」

強く疑問に思われている中で、特に数が多いのが、「この鳥のポケモンは?」と言われる、次のシルエットです。

pokemon-go-silhouette-faq-onidoriru

もしかして、サンダー?伝説のポケモン?などと疑問に思われるようで、「知りたい」と思われている量はNo.1だと思います。

翼とくちばしやツメがあることから、鳥であることは間違いなさそうなのですが。

正解は、「オニドリル」です。入手がそれほど難しくないオニスズメの進化形で、入手しようとすれば、それを進化させることで入手できます。直接オニドリルを入手するにしても、そこまで珍しいわけではありません。

だいたいこの、「めずらしい」から期待するものの、進化させれば簡単に入手できる、というパターンが多く見受けられます。

触手がぶら下がっている

そのパターンのひとつが、次の、触手がぶら下がっている、気持ち悪そうなポケモンのシルエットです。

pokemon-go-silhouette-faq-dokukurage

これは、「ドククラゲ」です。ドククラゲ自体は、少しめずらしいものの、良く出てくる「メノクラゲ」の進化形なので、これまた入手しようと思えば、比較的簡単に入手できるほうです。

大きな耳がある?

次はこちら。大きな耳らしきものと、とげとげ、そして、四足歩行する生き物に見えます。

pokemon-go-silhouette-faq-nidoranosu

全体の形が不思議で疑問にもたれやすいのですが、これは「ニドラン♂(オス)」です。良く出てくるポケモンです。

「ニドラン♀」なのか間違われやすいですが、低く身構えて、臨戦態勢に見えるこちらがオスで、メスは、もう少しちょこんと座っているのが特徴です。

触角が飛び出ている?

二足歩行で、触角が飛び出ているようにみえる、腕の太いやつ。

pokemon-go-silhouette-faq-erebuu

これは、「エレブー」です。雷マークの入ったやつで、こちらはめずらしいほうのポケモンだと思います。知名度が低いのか、見た目が特徴的だからか、疑問にもたれやすいようです。

魚が倒れている?

なんとも表現しずらいしるえっとですが、魚が倒れている、が正解なのがこちら:

pokemon-go-silhouette-faq-koikingu

これは「コイキング」です。陸上で飛び跳ねているイメージです。全く珍しくはありません。

にょろっとした何か?

次は、細いしっぽがあるような、全体として細長そうなポケモンです。

pokemon-go-silhouette-faq-miniryuu

これは、人気の高いポケモン「ミニリュー」です。たくさん集めることで、ハクリューを経て、最終的にカイリューになるため、人気があります。

丸からなんかが生えている

マルイ本体から、いろいろな方向へいろいろなものが生えているように見えるのがこちら:

pokemon-go-silhouette-faq-tosakinto

これは、どういう形をしているのかが極端に分かりにくく、何のポケモンだか把握しにくいようです。

これは、「トサキント」です。

各ポケモンの詳細について

各ポケモンの詳細については特に書かないので、Google検索などから、その詳細やレア度などを把握してみるようにしてください。

また、その他のシルエットについても、「ポケモンのレア度一覧」などを調べると、全ポケモンの画像一覧が見つかるので、それと見比べていけば、どれだかわかるはずです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿