情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ポケモンGO「博士に送る」をすると何が起こるの?について

Android (338) iPhone (748) ポケモンGO (157)

ポケモンGOのポケモン詳細画面には、「博士に送る」というボタンがあります。しかし、何が起こるのかよく分からず押せなかったり、押してみても「博士に送ると戻ってきません」と表示されるだけで、詳しい説明がありません。これについて、何が起こるボタンなのか、紹介します。

※本日、Android版ポケモンGO 0.31.0 アップデートにて、「博士に送るボタンが消えた」の声が増えています。この問題についての詳細はこちら

「博士に送る」ボタン

「博士に送る」ボタンは、所持しているポケモンの詳細画面を一番下までスクロールしたところにあります。

pokemon-go-transfer-button

実際にタップしてみると、確認画面が表示されますが、何が起こるかについてはよく分かりません。

pokemon-go-transfer-button-confirm

博士に送ると戻ってきません。
コラッタを送ってもいいですか?
[はい]
[いいえ]

意味:「捨てる」「逃がす」に近いが「アメ」がもらえる

実際に「博士に送る」ボタンををタップして「はい」を選択すると、次の画面が表示されます。

pokemon-go-transfer-button-result

ポケモンを送って博士からコラッタのアメをもらった。

「博士に送る」を実行した結果、まず、送ったポケモンが、ポケモンボックスから消えます

そして、ここが知らないと分からないポイントですが、送ったポケモンのアメを1つもらえます

アメは、進化や強化に使うアイテムで、捕まえたタイミングでも貰えますが、ポケモンを送る(手放す)ことで、追加で1つもらえます。

用途1:アメ素材として

まずひとつ重要な用途が、「アメ」を貰うため、です。

進化に必要なアメを集めるために同じポケモンをたくさん集めているユーザーとしては、ひとつでも多くのアメがほしいので、この「博士に送る」を実行してアメを貰います。

用途2:「ボックスがいっぱいです!」エラーを無課金で対策するため

そして、もうひとつの用途が、ポケモンボックスの上限(250匹まで)に到達してしまい、新しいポケモンを捕まえられなくなったときです。

実際ボックスが一杯の状態で捕まえようとすると、次のエラーが表示されます。

pokemon-go-transfer-button-ippai

ボックスがいっぱいです!ショップで上限を増やすことができます

[OK]
[アップグレードメニューへ]

エラーでは、アップグレードメニュー、つまり、課金してボックスの上限を増やす方向に誘導されます。

しかし、手持ちのポケモンを減らす「博士に送る」を実行することで、このエラーは出なくなります

こういう用途で使っても「アメ」はもらえるので、ボックスがいっぱいになってはじめて「博士に送る」を使用して、アメが貰えることに気が付く、というユーザーが多いのでは無いかと思います。

おまけ:まとめて博士に送る(一括削除)ことはできない

このような用途なので、一気に複数のポケモンをまとめて博士に送りたい、という需要はすぐ発生します。

しかし現状は、ものすごく下までスクロールして「博士に送る」をタップする作業を繰り返すしかありません。

ちなみに、「博士に送る」ボタンの上になぞの白い空白が7/26現在、表示されていると思います。何も表示されないのに邪魔です。

この謎の白い四角については、「ポケモンGO:「博士に送る」の上の空白は一体何?何か表示されるの?」でその意味を解説しています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿