情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「ポケモンGOの『個体値』ってどういう意味なの?」について(ライトユーザー向け)

Android (340) iPhone (750) ポケモンGO (157)

熱心な「ポケモンGO」ユーザーの間で話題となっているキーワードに「個体値」があります。自分が捕まえたポケモンの個体値を計算できるサイトを使って、どのポケモンが強いのかを調べる、そして、それに基づいて育てる(強化する)ポケモンを選択する、ということが行われています。

pokemon-go-kotaichi-silph-road-result

しかしながら、この「個体値」に対する関心の高まりが必要以上に高い状態になっている(ライトユーザーはそこまで気にする必要がない)とともに、それに関連する誤解であふれているように感じました。

そこで今回は、「個体値」とは何なのか、そして誤解しやすいポイントなどについて紹介します。

個体値を計算できるサイト「SILPH ROAD」

現在、もっとも人気の個体値計算サイトが、「SILPH ROAD(thesilphroad.com/research)」です。

英語で個体値は「Individual Values(IV)」であり、このサイトでは、「IV RATER」という名前で個体値電卓が提供されています。

pokemon-go-kotaichi-silph-road-form

※このあたりの解析をしたことで有名な「__isitin__」氏は数時間前の時点でも、現在出回っているたくさんの「個体値計算器」について「There are a lot of IV calcs out there right now, but the only for-sure way is to get a mitm data dump.(現在多くの個体値計算器が公開されているが、結局正確な値を知るには、通信盗み見て解析するしかない)」と言っていたりします。

現在おすすめの個体値「自動」計算アプリ

現在、スクリーンショットから個体値を自動計算できるアプリが人気です。その中でもおすすめは「ポケモンGO「1秒個体値計算」でスクショから個体値を自動計算する方法と注意点" title="1秒個体値計算 for ポケモンGO">1秒個体値計算 for ポケモンGO」です。

個体値とは?(簡易版)

さて、「個体値」とは、ゲームの画面上には表示されない「攻撃(attack)」「防御(defence)」「スタミナ(stamina)」という、ポケモンの隠しステータスです。

それに対して、ゲーム画面に表示される「CP(Combat Point、戦闘力)」はポケモンの「強さ」を表す値ですが、これはポケモンごとに決まっている基本性能(攻撃・防御・スタミナ)に、個体値(攻撃・防御・スタミナ)を足し合わせた値を、さらに係数などと掛け合わせて計算される値です。

CP = (攻撃基礎 + 攻撃個体値) x {(防御基礎 + 防御個体値)のルート} x {(スタミナ基礎 + スタミナ個体値)のルート} x {(CP係数 + 追加CP係数)の2乗} / 10
(数式の表記の対象年齢をだいぶ下げています。この数式で確定なのかは未確認だが、計算器はこの式をベースに作られている模様。"Exact CP Formula from Stats and CpM (and an update to the HP Formula p PokemonGoDev")

「攻撃基礎 + 攻撃個体値」「防御基礎 + 防御個体値」「スタミナ基礎 + スタミナ個体値」という式の構造に注目してください。

早い話、「個体値」は「基本性能に上乗せされる値」と考えることができます

例えば、個体値が大きければ大きいほど、強くなりやすく、強さの上限も大きい、のようにも表現できます。

個体値の特徴

個体値の特徴は、同じポケモンでもその値が違うことと、レベルを上げても上がらない(変わらない)ということです。

なので、簡単な例で説明すれば、捕まえた時点で、「強くなるピカチュウ」か「強くなりにくいピカチュウ」か、が決まっているのです(ただし、進化すると個体値が変わるからややこしい)

個体値計算器の結果の見方

冒頭で紹介した「SILPH ROAD」の個体値計算器の結果には、その3種類の個体値が表示されています。

「ATTACK + DEFENSE IV」という部分が、攻撃の個体値と防御の個体値を足し合わせた数値で、「STAMINA IV」という部分が、スタミナの個体値を表しています

pokemon-go-kotaichi-silph-road-result-how-to-read

個体値はどれくらい上乗せされるのか問題

しかし、特にライトユーザーにとって重要な、大きな問題があります。

それは、計算器のページに英語で書いてある、次の文章です。

HOW IMPORTANT ARE IV'S?

IVs are not as impactful in GO as in the main series games. But they can make up to a 10% difference in attack, defence, or stamina. 引用元

日本語に翻訳すると、次のような意味です。

個体値はどれくらい重要なの?

ポケモンGOの「個体値」は、従来のポケモンシリーズほど、重要な値ではありません。ただし、個体値は、攻撃・防御・スタミナに、最大10%程度の違いを生みます。

ちょっと言い換えれば、「攻撃・防御・スタミナの値については10%くらいしか変わらない」ということです。

個体値より、トレーナーレベル上げ

これについて、計算器を使ってみれば分かるのですが、そもそもポケモンのレベルを上げる(=強化する)ことで、個体値の違いは逆転できたり、埋め合わせることができます。

また、個体値が良くても、初期CPが低い(初期レベルが低い)状態だと、育てるのが大変という問題があります。

なので、この文章が対象とする「ライトユーザー」にとっては、個体値にこだわりすぎず、まず自分の(トレーナーの)レベルを上げることが大切です。

トレーナーのレベルが上がると、ポケモンの最大レベルが上がります。また、最初からCPが高いポケモンが手に入るので、育てやすくもなってきます。

ライトユーザー、それこそヘビーユーザーでないのであれば、確かに個体値は気になるかもしれませんが、そこまで気にせずに、「まずは」レベルを上げる努力を重ねたほうがよいかと思います(個体値にこだわりすぎずに基礎値の強いポケモンを育てて、トレーナーとのバトルで経験値を稼ぐなど)。

例:個体値の違いがCPに与える影響を「カイリュー」で考えてみる

最後に、個体値の影響の大きさがどれほどなのかを、人気の「カイリュー」で考えてみます。

例えばトレーナーレベルが、かなり頑張って25まで上がったとします。

そして、これまたかなり強化を頑張って、レベルを26.5まで上げたとします。

その状態で、個体値が最悪の場合で「CP 2322」、個体値が最高の場合で「CP 2650」です。

pokemon-go-kotaichi-silph-road-kairyuu

最大と最小で、300程度違いがありますが、あくまで最悪と最高の差なので、頑張って何匹もカイリューを捕まえて個体値を比べるよりかは、もうどんどん1匹のカイリューを育てて、レベルを上げまくった方が良いのでは?と思ってしまう程度の差、なのではないかとおもいます(いろいろ細かい複雑な話はあるけれど)。

ここで「いやいや、個体値の良いやつを捕まえないと!」と思った人は、なかなかのやり込み派だと思います。この差を埋めるために、捕まえたり進化させたりを頑張ってみてください。

例:個体値より元から強いポケモンが良い

また、似たような話で、弱いポケモンで個体値をこだわっても仕方ない、という話があります。

同じレベルで、これまた人気の「サンダース」を使って比較してみます。

pokemon-go-kotaichi-silph-road-sanda-su

サンダースも同じように人気で、少々珍しく、進化もさせる必要があったりするポケモンですが、こちらを同じトレーナーレベル25で、レベル上限まで強化したときのCPは、個体値が最高でも「CP 1620」です。

つまり、カイリューの個体値が最悪だった場合の同じレベル「CP 2322」より弱い、ということになってしまいます。

もちろん、育てやすさ(イーブイとミニリューの捕まえやすさの違い)といった、また別の要素もあって、話はこんなに単純ではないのですが、やはりどれだけ個体値が良くても、結局「ポケモンの種類」の影響、つまり「基礎値」のほうが、CPの大小にとっては大きい要因なんだ、ということは意識しておいた方が良いかと思います(育てやすさや、覚えているワザなどももちろん大きな要素)。

まとめ:むやみに「個体値」にこだわりすぎないこと、気にしすぎないこと

「個体値」という隠しパラメーターが話題になりすぎて、個体値のことが全然よく分かっていない状態で、計算器の見方にこだわったり、その計算された個体値の大小に一喜一憂するユーザーが大量に発生しています。

しかし、個体値に対するこだわりは、「やり込み要素」に近く、必ずしもみんながみんな、持っているたくさんのポケモンそれぞれについて計算して、強い弱いを気にするほどのものではありません。

このあたりのイメージを付けた上で、個体値計算器なり、「選別」を行うか、行わないで遊ぶか、考えてみてください(めっちゃ強くなりたい、とかであれば、もっと個体値とその影響について詳しく調べることをおすすめします)

付録:ポケモンを説明する英語メッセージの日本語訳

以下、ポケモンの個体値の計算結果に表示される英語を紹介します。

12 / 30, 15 / 15

NOW THAT'S A PRETTY SOLID MON, YOU'VE GOT THERE. NOT PERFECT, BUT DEFINITELY A DECENT FIGHTER!

とても頼りになるポケモンです。完璧ではありませんが、間違いなくそこそこのファイターです。

30 / 30, 13 / 15

NOW THAT'S A PRETTY SOLID MON, YOU'VE GOT THERE.

とても頼りになるポケモンです。

33 / 30, 8 / 15

HM... IT LOOKS LIKE YOU PROBABLY BETTER MOVE THE ARC A LITTLE HIGHER, TRAVELER. YOU'RE NUMBERS DON'T ADD UP FOR THIS MON!

計算結果があり得ない数字になっているので、白い円弧の設定を訂正して下さい、という意味です。エラーなので、計算をやり直して下さい。

参考

コメント(1)

  1. 英語翻訳の質問になります。
    2016年7月30日(土) 03:33

    上記記事を参考にハクリューを調べたら
    攻撃防御が29で体力が15MAXの良質な個体を所有していました。結果のページに英文で、「NOW THAT’S A PRETTY SOLID MON, YOU’VE GOT THERE.」と表示されましたが、正確な意味はどういう事か教えて頂けると幸いです。とっても良い個体だよ!っていっているのはなんとなく分かるのですが、かわいいだの月に行く?などが含まれているのでそのような言い回しが英語のことわざで存在するのかも不明でとても気になっております。お手隙のさいで宜しいので何卒ご教授下さいませ。

新しいコメントを投稿