情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ポケモンGOで「パスワードを忘れた」場合の対策・復旧方法について(Googleアカウント編)

Android (338) Google アカウント (3) iPhone (748) ポケモンGO (157) ポケモンGO-Googleアカウント (4) ポケモンGO-ログイン (8)

現在、ポケモンGOのアップデート後に強制ログアウトされてしまい、再ログインが必要であるものの、パスワードを忘れてしまってログインできない、というユーザーが増えています。そんな状況になってしまった場合にできることについて紹介します。

うまく手順を進めることができれば、パスワードを忘れてしまっていても、再びポケモンGOにログインすることができます

今回は、実際にパスワードを忘れたつもりでその手順を進めてみて、実際にログインに成功したので、そちらも参考にしてみてください。

「パスワードを忘れてしまった」

パスワードを忘れてしまうと、ポケモンGOに再度ログインすることができず、今まで遊んでいたデータが使えなくなってしまいます(「消えた」と感じたり、表現する人もいる)。

現在、ポケモンGOアプリをアップデートした後の再ログインで、このトラブルが大量発生しています。

パスワードを間違えると

パスワードを間違えると、次のようなエラーになります。

pokemon-go-forget-google-account-2016-07-31-error

入力したメールアドレスとパスワードが一致しません

パスワードを忘れた場合の対処法

パスワードを忘れてしまった場合は、そのパスワード入力画面の右下にある、「パスワードをお忘れの場合」をタップしてみてください。

すると、パスワードを忘れた人がパスワードをリセットするための手段をいろいろと提供してくれます。少しでも何かしらの情報を覚えていて「私、パスワード忘れちゃったけど本人なんです!!!」というアピールが通用するか、が試されます。

以下、実際に表示される、パスワードリセットのためのアピールの選択肢たちを紹介します。「これは覚えていない><」となったら、下に表示されている「別の質問に答える」をタップして、次の選択肢へ進んでください。

「覚えている最後のパスワードを入力してください」

まず最初に出てくる選択肢は、「覚えている最後のパスワードを入力してください」という選択肢です。

以前パスワードを変更した場合、変更前のパスワードを覚えていたら、ちょっとは本人だと信用してあげますよ、という仕組みです(もちろん、それだけで本人であると認証してしまうと、パスワードを変えた意味が無くなってしまうので、質問が続くはずです)

pokemon-go-forget-password-google-account-old-password

「確認コードは(電話番号)にテキストメッセージで通知されます」

電話番号を登録してあれば、その電話番号にショートメッセージを送信して、本人かどうかの確認に利用してくれます。

pokemon-go-forget-password-google-account-sms

まず、下2ケタだけ表示されている電話番号を入力できることが必須条件です。そして、送信されてくるショートメッセージ(SMS)の指示に従います。

「このGoogleアカウントを作成したのはいつですか?」

Googleアカウントを作成した日を覚えているかどうかを、本人かどうかを見分ける参考にしてくれます(もちろんこれだけで本人だと信じてくれたりはしない)

pokemon-go-forget-password-google-account-start-date

通常、まず覚えていない情報ですが、今回もし「ポケモンGOのために作ったGoogleアカウント」であれば、ポケモンGOが日本でリリースされた「7月22日(金)」である可能性が高いです。

「確認コードを受け取るメールアドレスを入力してください」

メールアドレスを入力すると、そのメールアドレスに「確認コード」を送信してくれる、という仕組みもあります。

pokemon-go-forget-password-google-account-e-mail

確認コードを受け取るメールアドレスを入力してください。このメールアドレスはパスワード再設定用のリンクを送信する際に使用されることがあります。このアカウントに既に追加済みのメールアドレスを入力すると便利です。

「ログインできませんでした」

最終的に、全ての選択肢をすべてスキップしてしまうと、次の画面が表示されます。

pokemon-go-forget-password-google-account-fail

ログインできませんでした

本人確認ができませんでした。現在このアカウントにログインできません。

実際にパスワードリセットを試してみた

さて、今回色々な選択肢を紹介しましたが、今回は試しに登録電話番号を利用したリセットを試してみます。

pokemon-go-forget-password-google-account-sms

「テキストメッセージを送信」をタップすると、「Google」から次のメッセージが届きます。

pokemon-go-forget-password-google-account-code

先ほど「テキストメッセージを送信」をタップ下画面が、次の画面に切り替わっているので、今のメッセージに出てきていた「Google確認コード」の数字6ケタを入力して、「次へ」をタップします。

pokemon-go-forget-password-google-account-enter-code

すると、これが本人確認となり、新しいパスワードの設定画面が表示されます(※デフォルトでは無効の二要素認証が有効の場合は、これだけではうまく行かないことが考えられます)

新しいパスワードを2カ所に入力して、「パスワードを変更」をタップしてください。

pokemon-go-forget-password-google-account-enter-new-password

すると、パスワードは変更、そしてログインが承認され、もともとのポケモンGOの許可画面が表示されます。

「許可」をタップすれば、今まで通りのポケモンGOにログインが完了します

pokemon-go-forget-password-google-account-kyoka

成功

こうして、パスワードを忘れた状態でのポケモンGOログインに成功しました

pokemon-go-login-steps-update-loading

教訓1:パスワードを忘れても粘れることを覚えておこう

今回は、パスワードをリセットする方法を紹介しました。

そもそもの大前提として、パスワードをリセットする手段の存在を知らない人も多いようでした

ですのでまずは、パスワードを忘れても、別の手段でログインできる場合があるということを知っておいて欲しいと思います。

教訓2:代替連絡手段を登録しよう!!!

また、今回紹介した「パスワードを忘れた場合の代替手段」は、Googleアカウントにどれだけいろいろな情報を提供していたか、によって増えたり減ったり、優しくなったり厳しくなったりします。例えば、電話番号を登録していれば、電話番号による認証が使える、のような具合です。

このように、「パスワードを忘れたとき」に、代わりのメールアドレスや電話番号を登録しているか、というのはとても重要となってくるので、「今回失敗した><」という人も、次回以降アカウントを作る際は、そのあたりの代替連絡手段の登録をしっかりやっておくとよいと思います。

コメント(1)

  1. 川口良雄
    2016年10月25日(火) 12:01

    パスワードは覚えていませんので新パスワードyoshio2714に変更したいと思います。

新しいコメントを投稿