情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ポケモンGO:個体値計算の「CPレート」の意味について

ポケモンGO (157) ポケモンGO-CPレート (1) ポケモンGO-個体値 (9)

ポケモンGOの個体値計算の結果を表すために、「CPレート」が使われることがあります。

しかし、この「CPレート(パーセント)」と、通常の「個体値(HP・攻撃・防御)」の何が違うのかが分かりにくく、誤解されやすいようなので、ここでその意味について紹介します。

pokemon-go-cp-rate

CPレートの計算方法(最強の個体値計算アプリ)

CPレート」は、現在個体値を計算するのに使うアプリとして人気の「最強の個体値計算」を使って計算されることが多いようです。

最強の個体値計算アプリのヘルプにある記述

その「最強の個体値計算」アプリのヘルプに実は、CPレートの意味について説明されている部分があります。

CPレートは、そのモンスター種の最大CPに対して、その個体が何%くらいの位置にいるのかを表しています。ざっくばらんな指標ですので、おおまかに見る分はわかりやすいですが、ガチ勢の方はあまり気にされてないかもしれません。 引用元

「CPレートの意味」

ポケモンの「CP」は、ポケモンのレベルと種類が同じであっても、個体値によって、大きくなったり、小さくなったりします参考)。

「攻撃・防御・HP」という3種類の個体値には、それぞれ範囲(0~15)です。

すべての個体値が0のとき(最弱)、CPが一番小さく、すべての個体値が15のとき(最強)、CPが一番大きくなります。

同じレベルの同じポケモンにおいて、個体値が最弱の場合のCPを「0%」、個体値が最強の場合のCPを「100%」としたときに、現在のポケモンのCPが、どの位置にあるのか、を表しているのがCPレートということになります。

※なので、「CPレート」は、「個体値」ではありません。個体値に依存はしますが、個体値そのものではありません。

例えば、最弱のCPが1000、最強のCPが1200のとき、手持ちのポケモンのCPが1100であれば、ちょうど真ん中なので、CPレートは50%、となるわけです。

個体値が最強と最弱の真ん中でも、CPが真ん中になるとは限らないため、CPレートのパーセントが、個体値のパーセントと一致しないというのもポイントです。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿