情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhone 7に「イヤホンジャックが無い」に関する誤解と「充電しながらイヤホンが使えない」問題

AirPods (2) iPhone (750) iPhone 7 (63)

「iPhone 7」の詳細情報がAppleから公式に発表されて、本当にイヤホンジャックが無くなることが明らかになりました。

「新型のiPhone 7が発表され、イヤホンジャックが廃止されて無線イヤホンになった」などとも言われています。

これを聞いて、「今まで使っていたイヤホンが使えなくなる」「Lightning対応イヤホンを買わないといけない」「無線のイヤホン(Bluetoothイヤホン)が必要」という反応がたちまち上がるわけですが、それに対しては、「いや、変換アダプタがあるから問題ない」という突っ込みが入っています。

しかし、その「問題ない」の声に対しても、「いやいや、こういう使い方が出来なくなる」という声が上がってきています。

これら、「イヤホンジャック廃止」関連の話について、簡単にまとめておきます。

iphone-7-no-ear-phone-jack-airpods

iPhone 7 で「イヤホンジャック」が廃止に

iPhone 7 から、従来iPhoneの左下にあった、イヤホンジャック(イヤホンの差し込み口)が廃止されます

つまり、iPhone 7 には、従来のイヤホンを差し込むことができません

今までのイヤホンが使えなくなるわけではない

しかしながら、今までのイヤホンが使えなくなるわけではありません

それは、iPhoneの充電ケーブル差し込み口である「Lightning端子」に差し込んで、イヤホン端子に変換するケーブル(変換アダプタ)が付属するからです。

無線イヤホン必須なの?同梱するの?

なので、「iPhone 7 = 無線イヤホン」というわけでもありません。

また、変換ケーブルが同梱する一方で、iPhoneが今回発表した無線イヤホンAirPodsは同梱されません

無線イヤホンAirPodsは、10月下旬より、16,800円で別売りされます。

また、そもそも「有線」のイヤホンは今まで通り同梱されます。この点は誤解が多いので気をつけてください。

同梱するのは、電源ケーブルと同じ、Lightning接続のイヤホンです。

「充電しながらイヤホンを接続できない」問題

このあたりの、「今までのイヤホンが使えなくなる問題」が一巡して、人々の間で話題になっているのが、充電ケーブルの差し込み口を、イヤホンのために使ってしまったら、充電しながらiPhoneを使うことができなくなってしまうじゃないか、という問題です。

これは確かに、単純にはそういうことになりそうです。

対策について

まず、シンプルな対策は、ワイヤレス(Bluetooth)のイヤホンを買うか、それこそApple純正の無線イヤホン「AirPods」を購入するか、ということになります。

しかしこれについては、無線のイヤホンを落とす/無くすことを気にしている人が多いです。

また、スクフェスやデレステのような、音楽ゲーム(リズムゲーム)では、充電しながらイヤホンで遊ぶケースが多いのですが、無線のイヤホンでは、音がほんの少し遅れることになり、タイミングがずれ、ちゃんと遊ぶことができなくなってしまいます

そのため、もう一つ期待されるのは、何らかの「Lightning(充電ケーブル差し込み口)が分岐する」ケーブルです。

今のところ、それに関する記載は無いようですが、現在も「Lightning」を「Lightning+VGA(ディスプレイ差し込み口)」に分岐させるアダプタがあるため、今後、「Lightning+イヤホンジャック」に分岐できる変換アダプタが発売されるかも知れません。

AirPodsについての補足

最後に、もう一度AirPodsについて触れておきますが、AirPodsは単なるBluetoothイヤホンではなく、かなり高機能な無線イヤホンです(iPhone 7 と同時発売じゃないので注意)。

イヤホンを装着しているかを判定して、イヤホンを装着したら再生する、ということができたり、本体をダブルタップしてSiriを起動できたり、もちろん音量の調整をしたり通話したり、周囲の音声を拾って処理したり、専用のチップも搭載されています。

「で、そのAirPodsは何円?」と思った人がいきなり16,800円と知って驚くことはあまり変わらない気もしますが、一応補足でした。

コメント(0)

新しいコメントを投稿