情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS10へのアップデート中に「iTunes」への接続が必要になるユーザーが多数発生中

iOS (65) iOS 10 (44) iOS-アップデート (22) iPhone (748)

「iOS 10」が公開され、iPhoneをソフトウェアアップデートするユーザーが増えていますが、アップデートの最中に、パソコンの「iTunes」への接続を指示されて、PCを使えない・Macを持っていないユーザーが困ってしまっているようです

また、iOS10へのアップデートに失敗して、iTunesに接続してiOSを元のバージョンに戻す(iOS 9.3.5への復元)ケースも増えているようです。

詳細はまだ分かりませんが、ここにて紹介しておきます。

iphone-ios-10-app-compatibility

iTunesへの接続が必要になる

iOS10へのアップデートの最中に、LightningケーブルでiTunesに接続せよ、というような表示が現れています。

見たことがあるような気がする画面ですが、実際にこの段階で接続が要求されても、PCを持っていないユーザーは困ってしまいそうです。

アップデートに失敗した系の報告も?

今見ている限りでは、iOS 10 へのアップデートに失敗した報告がかなり多い気がします

失敗後は、9.3.5への復元を促されるパターンがあるようです。

パソコンの存在とバックアップが大切

これらを見ていると、まずはiOSアップデートでの基本として推奨される「バックアップ」および、iTunesに接続できる環境、つまりパソコンの存在が重要になっているようです。

対策について

現状の報告からは、この状態になってしまった場合は、指示の通りiTunesへの接続を行う、というのが対策となりそうです。

しかし、まっさらなiTunes(バックアップが無い状態)でよいのかなど、さらなる失敗リスクなどについてはまだ情報が少ないため、そのまま待機して情報が集まるのを待つ方が良いかも知れません。

コメント(0)

新しいコメントを投稿