情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Bluetooth版HHKBの電源が入らず利用不能になるまでとその他の不具合について

Happy Hacking Keyboard (1) キーボード (6)

9月24日、キーボード(Bluetooth版HHKB Pro)を使おうとしたところ、全く反応せず、突然使えなくなってしまっていました。購入(発売)から約5ヶ月、半年経たないタイミングです。

電池切れかと思ったのですが、電池を交換しても、本体の電源が入らず、microUSBによる有線給電を行っても、電源ランプを点灯させることができませんでした。

キーボードを操作しても反応しません。

その後2週間以上が経過しましたが、全く使えないままで直っていません。要するに壊れました

Happy Hacking Keyboard Professional BT(PD-KB620B)

Bluetooth版HHKBと言っているのは、「Happy Hacking Keyboard Professional BT(PD-KB620B)」のことで、自分は発表日=予約開始日に予約して、発売日翌日からずっと使っています(4月25日発売)。

hhkb-pro-bt-broken

Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B
Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B

不満点・問題点が多い

購入以来、結構不満点が多かったです。

こうやって言うと、「無線のタイムラグとかあるの?」と思うかもしれませんが、遅延を感じたことはなく、そういう話ではありません。

ではもっと小さな問題か、と言うと、その逆で、もっと大きな問題です。

すぐスリープになる

まず最初に困ったのが、すぐキーボードがスリープ状態になってしまい、毎回復帰を待つ必要があった点です。ものすごい面倒で使いにくく感じました。

しかしこれは、キーボード裏面のDIPスイッチの「SW6」を「ON (Wake Up Enable)」に設定することで、スリープさせない設定ができるので回避できました

すぐ電池が切れる

この設定変更の影響か、すぐ電池が切れる面倒さに遭遇しました。正確に覚えていないのですが、2回は電池を交換したと思います。

同じ無線でも、さっぱり電池の切れないロジクール Wireless Trackball M570tとは大違いです(スリープしつつ、ストレスを感じない復帰の仕方っていうのもあると思うが)

突然キーが押しっぱなしになって固まる(きつい)

一番最悪だったのがこの問題で、突然同じキーが押しっぱなしの状態で固まり、突然「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」のような、同じキーが連続入力がされてしまう、という唖然とするような問題がありました。

あまりに何度も発生するので、あるときキー入力を確認してみたのですが、次の通り、連打を表すキーの情報(key down)が連続で送信されてきていました。

hhkb-pro-bt-broken-key-log

現在有線のHHKB Pro2に戻ったのですが、同様の問題は発生していません。また、HHKB Pro BTを使い始める以前にも発生していませんでした。

そして故障へ

そんなこんなでかなり不満はあったのですが、押しっぱなし病にも慣れてもうあまり気にしていなかったところに、突然の故障が訪れました。

購入から半年経たないうちに壊れました

電源ボタンを押しても反応せず、電池を交換しても何も変わらず、USB給電機能を使っても変化せず、DIPスイッチを変更して再チャレンジしても特に変わらず。。。

少なくとも当分おすすめできない

予約開始当日に予約して、見事に人柱としての役目を果たした結果、まぁ周囲の人にすすめる気にはなりません。

発売からもっと時間が経過して、製品自体がより使いやすく、謎の押しっぱなし不具合が発生しない、安定した状態になるのを待ちたいところです(もちろん、耐久性?も上がって欲しい)。

さて、壊れたこいつをどうするか。。。

コメント(1)

  1. brwafe2
    2016年11月29日(火) 14:13

    同じ問題が発生しました。メーカーに問い合わせたところ、無償交換するとのことです。
    他であまり報告見ないので、固有の問題かなとも思います。

新しいコメントを投稿