情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ポケモン地図「FastPokeMap」の使い方(iPhoneアプリ版)

FastPokeMap (4) ポケモンGO (157) ポケモンGO-iPhone (27) ポケモンGO-ポケモン地図 (33)

人気のポケモン地図「P-GO SEARCH」が使えなくなった今、代わりのアプリとして注目されているのが「FastPokeMap (FPM)」です。

しかし実は10月15日21時現在、FastPokeMapのポケモン地図も、利用できない状態です。

ではなぜ注目されているのかというと、FastPokeMap運営がAPI解析を熱心に進めた結果、週末のうちには復活できそうであると発表したからです。

これにより、今までFastPokeMapユーザーが少なかった日本でも、急激に注目されるようになっています。

pokemon-go-fastpokemap-search-suggestion

そんなFastPokeMapの使い方について、簡単に説明します

※英語のボタンについては、日本語の意味を紹介します(日本語化機能はありません)。

FastPokeMapとは

FastPokeMapは、ポケモンGO用のポケモン地図アプリで、出現中のポケモンの現在位置を表示してくれます。

pokemon-go-fastpokemap-how-to-use-screenshots

海外では以前から高い人気のあったポケモン地図アプリです。

ダウンロード方法

FastPokeMapには、iPhone版アプリと、ブラウザ版があります。

iPhone版アプリにはインストールが必要ですが、ブラウザ版はサイトにアクセスするだけで、SafariやChromeなどから使うだけです(Androidユーザーはブラウザ版を使ってください)。

使い方(iPhone版)

iPhone版アプリを起動すると、基本的に特に操作は必要なく、自分の位置周辺の地図と、ポケモンの場所を表示してくれます

画面上には、以下のボタンがありますが、誤解しやすいので、それぞれ説明します。

pokemon-go-fastpokemap-how-to-use-buttons

[検索]ボタン(使う必要なし)

この「検索」ボタンは、ただ単に、ポケモンの基本的な情報が閲覧できるだけで、ポケモンの位置を探索するボタンではありません

場所を検索して、地図を移動する機能でもありません。

ほとんど使う必要はありません。

[現在位置]ボタン

画面右下の「現在位置」ボタンは、タップすると、地図の中心が自分の現在位置になるように、地図の表示範囲が移動します。

[メニュー]ボタン

メニューをタップすると、「ヘルプ」「公式ツイッター」「ポケモンGO起動」の3ボタンが表示されます。

重要度は低いです。

[設定]ボタン

歯車マークの「設定」ボタンをタップすると、次の設定画面が表示されます。

pokemon-go-fastpokemap-how-to-use-settings

[Show Me]ボタン

「Show Me」ボタンは、「表示するポケモンを選択する」ボタンです。

タップすると、次の画面で表示するポケモンを選択できます(なぜかここは日本語)。

pokemon-go-fastpokemap-how-to-use-settings-show-me

[Don't Show Me]ボタン

「Don't Show Me」ボタンはその逆で、「非表示にするポケモンを選択する」ボタンです。

[Rate Us]ボタン

アプリをレビューするためのボタンです。使う必要はありません。

[Pokemon GO Cases]ボタン

ポケモンGO用のiPhoneケースの販売サイトが開きます。これも使う必要はありません。

アプリの運営にお金を寄付するためのボタンです。これも基本使わないボタンです。

簡単、シンプル

いろいろボタンは紹介しましたが、そもそも機能や設定が少ないので、そこまで難しくありません。

使い方(ブラウザ版)

(追加予定)

コメント(0)

新しいコメントを投稿