情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「福井で断層型地震雲が出てる」→「福井で2,3日以内に地震が起こる」の噂が拡散する様子(2016年10月23日)

地震雲 (16) 大阪 (1) 福井 (1) 鳥取 (1)

鳥取県で震度6弱の地震が発生してから2日後の今日、「福井で地震雲が出てるらしい」との声が多数あがっています。

それが転じて、「福井で数日後に地震が起こるらしい」という噂が広まる事態となっています。

日本で大きな地震が発生して話題になり、地震に対する意識が高まった状態で見る雲は、地震雲と認識してしまいやすい、の現れかと思います。

多くの人が口々に、きっと昨日まで見たこともなかったキーワード「断層型地震雲」を使っているあたり、人から人へと広まりやすいキーワードや、その広まる様子が想像できて興味深いです。

※鳥取県中部地震(Wikipedia

確認:地震雲は科学的に示されたものじゃない

最初に確認ですが、「地震雲」自体は科学的に証明されたメカニズムがあるわけではありません。

詳しくは「「地震雲」の目撃情報と「地震雲って本当なの?」について

「福井で地震雲」の噂たち

本日、地震雲についての多数のツイートがされています。

大量リツイート

現在、次のツイートが1700リツイート以上されています。

不安に思うタイプ

現在地震雲がTwitterやLINEで話題となっており、多数の投稿を見かける結果、かなり不安に感じている人が増えています。

かなり「福井で数日後に地震が起こるらしい」という噂が広まっている様子です。

注意喚起するタイプ

地震雲の分類に興味を持つタイプ(「断層型地震雲」というワードが話題)

「鳥取の時も地震雲があった」(直前の大地震に地震雲を関連づけるパターン)

毎回あるのがこのパターンで、「毎回あるならやっぱり地震雲は本当なんじゃないの?」とも思ってしまいがちですが、本当にそうなら簡単に科学的に示されているはずでして。。。逆に地震が起こらないときは出ない、とか、逆の傾向も必要ですしね。。。

他の地域でも

兵庫・大阪・奈良などの関西地域や、はるか遠く千葉県でも地震雲の噂は広まっています。

県単位ではないキーワードとしては「姫路で」や「盛岡で」という噂が広まっています。

地震雲関連の噂に対する政府の見解ページが欲しい

気象庁のページに地震雲に言及している部分はあるのですが、あれはちょっとまともすぎて(表現の厳密さが重視されすぎていて)、分かって貰えないことが多いんですよね。

地震雲を信じてしまっている中高生向けの分かりやすいページ、作って欲しいなぁ。。。

コメント(0)

新しいコメントを投稿