情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ポケモン地図「PokeWhere」も復活を宣言(2016年10月24日)

PokeWhere (9) ポケモンGO (157) ポケモンGO-ポケモン地図 (33)

P-GO SEARCH、FastPokeMapの復活に続いて、ポケモン地図アプリ「PokeWhere」が復活を宣言しました。

現在のPokeWhereの状況について、このページにまとめます。

P-GO SEARCH・FastPokeMapの復活について

PokeWhereの復活宣言

PokeWhereが復活宣言ツイートをしました。

このPokeWhereから、当サイトの公式アカウントへも、ダイレクトメッセージが届きました。

PokeWhereにポケモン表示が復活

実際にPokeWhereを使ってみると、確かに表示が復活していました。

pokemon-go-pokewhere-comeback-2016-10-24

FastPokeMapの解析の効果?

現在、起動直後に以下の説明書きが表示されます。

pokemon-go-pokewhere-comeback-2016-10-24-welcome-message

PokeWhere is back up! No scan temporarily only cache until all servers are online (click the scan button or refresh to load cache which should work for most popular areas).

Scanning will be brought back shortly!
you can follow us on twitter @PokewhereGO or facebook for status updates. :)

This all wouldn't have been possible without the amazing efforts of Waryas and Elfin.

この終盤に出てくる「Waryas」は、APIの解析を進めてきたFastPokeMap開発チームの人で、今朝のFastPokeMap復活とつながりがある(データを使っている?)可能性がありそうです,(もしくは、解析メンバーにPokeWhere開発チームも参加していた)

今後の展開に注目

今朝のFastPokeMapの復活からポケモン地図周辺が、騒がしくなってきた印象があります。

P-GO SEARCHの復活はGo Radarの地位向上も感じさせるため、Go Radar陣営とFastPokeMap陣営、仕組みの違う両者の覇権争いがどうなっていくのかが気になるところです(P-GO SEARCHは、より優勢な方に載っかっていきそうで、どちらにしろ強く残りそうです)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿