情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ポケモンGO「私はロボットではありません」発生の原因と対策について

ポケモンGO (157)

ポケモンGOをプレイしようとしたときに、コイルが表示された上で、「私はロボットではありません」というメッセージが表示されて、何をすれば先に進めるのかが分からないユーザーが多いようです。

この画面自体は、不正行為(bot、位置偽装)対策の画面のはずなのですが、ここのところ、「不正をしていないのにコイル画面が出る」「位置偽装していないのに出る」の声も急増しています。

この画面が表示される原因と対策について紹介します。

「私はロボットではありません」エラー

ポケモンGOアプリを起動した際に突然示されるのが次のエラーです。

pokemon-go-i-am-not-a-robot-error

私はロボットではありません
reCAPTCHA
プライバシー - 利用規約

この画面が表示される原因

この警告画面が表示される原因は、位置偽装やbotアカウント等の不正行為です。

不正行為を行っていると疑われる行為をしたアカウントに対して表示されます

最近増えている原因

この「コイル画面」がはじめて表示されたのは10月6日ごろなのですが、もともと一般の不正とは無縁のユーザーに対してはまず表示されないエラーでした。

しかしここ最近、このコイル画面が表示されるユーザーが急増しています。

これについてはどうやら、Wi-Fiをオフにした状態でのGPSの不安定さを利用して距離を稼ごうとしていたり、そうでなくとも長時間ポケ後を起動したままにしておいて、主人公が勝手に移動するような状態にしているユーザーが、不正行為として判定(誤判定?)されてしまうことが増えたのが原因のようです。

早い話、判定が厳しくなったのか、GPSが不安定なのか、不正判定されやすくなってしまったようです。

この画面が表示された場合の対策

この「私はロボットではありません」が表示された場合は、私はロボットではありませんという言葉のすぐ左にある四角(チェックボックス)をタップしてください。

pokemon-go-i-am-not-a-robot-error-how-to-do

通常はこれだけで良いのですが、「○○の画像をすべて選択します」という画面が表示される場合があるので、その場合は、9つの画像の中から該当する画像を全て選択した上で「確認」をタップして、ロボット疑惑を晴らしてください(人間じゃないと写真がうまく判定できないよね、ということ)。

予防するには

この問題を予防するには、位置偽装ツールなどの非公式ツールを使わないことおよび、(特に最近よく表示されるようになってしまった人は)電源を入れたまま移動せずに放置する行為は避ける方が良いかも知れません。また、GPSを安定させるために、接続しなくても良いのでiPhoneやAndroidスマホ本体のWi-Fi機能をオンにして、GPS+Wi-Fiでの測位(正確になる)を利用できる状態にしてあげるようにしてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿