情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Excelを最新版にアップデートする方法

Excel (9) Excel 2016 (2) Microsoft Office 2016 (5) Microsoft Office 365 Solo (2)

Excelの最新機能を利用するために、Excelを最新版にする(Office更新プログラム最新版を手動で適用する)方法を紹介します。

Microsoft Office 365 Solo の Excel 2016 を操作します。

「ファイル」をクリック

まず、Excelの画面一番左上にある「ファイル」をクリックします。

microsoft-office-365-solo-excel-update-click-file

「アカウント」をクリック

次に、「アカウント」をクリックします。

microsoft-office-365-solo-excel-update-click-account

「今すぐ更新」を実行する

次に、「更新オプション」をクリックして、表示されるメニューの中にある「今すぐ更新」を実行してください。

microsoft-office-365-solo-excel-update-click-update

ダウンロードを待つ

すると更新プログラムのダウンロードが始まります。かなり時間がかかるので、終わるのを待ちます。

microsoft-office-365-solo-excel-update-wait-download

Excelを終了する

ダウンロードが終了すると、Office製品の終了を要求されるので、Excelなど、表示されているソフトを終了してから「続行」をクリックしてください。

microsoft-office-365-solo-excel-update-close-excel

アップデート完了

最後に表示される更新画面が自動的に閉じたら、それで更新終了です。再起動せずにそのままExcelを起動すると、既にバージョンが上がっています。

今回は、「バージョン 1609 (ビルド 7369.2038)」から「バージョン 1610 (ビルド 7466.2038)」へ更新しました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿