情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「11月23日に南海トラフ大地震が発生する」の噂について

地震 (50)

現在、LINEタイムラインなどで、「11月23日に南海トラフ大地震が発生する」という噂が広まっています。

この噂について、「大地震が来るって本当なの?」という反応から、「噂の出所は?」「地震が来る確率は?」「地震の被害はどれくらいになるの?」まで、いろいろなことを思う人が多数発生しています。

この噂の関連情報について紹介します。

11月22日(火曜日)早朝に、福島県沖が震源の最大震度5弱の地震が発生した影響で、この噂が再び大きな話題となっています。

LINEで広まる噂

LINEでは、次の噂が広まっています。

【注意】
日本に『南海トラフ大地震』が
"11月23日"に発生する・・・?!
うわさが話題になってるから注意!

「怖い」という声から「デマでしょ」という声まで、反応は様々です。

※「地震が来るという噂」が人々に与える影響については「『明日地震が来るって本当?』の声から分かる未来の地震に対する噂やデマに抵抗がない様子」にまとめられています。

もともとの噂は「予言」

この噂は、もともと、東日本大震災や熊本地震を予言したとされる人物が、新たに11月23日に地震が起こると予言したことに端を発する噂のようです。

11月23日は、魔の水曜日と呼ばれ、このワードを始め、「松原照子」「伊豆」「紅葉」「日本列島が分断」などのキーワードが広まっています。

この噂については、「実は地震を予言しているわけではない」という話や、「熊本地震も、当たったと言っていいものか分からない」など、色々な話が検索すると出てきます。

いずれにしても、とにかくあくまで単なる「予言である」という認識が大切です。

気象庁が発表したものだとかそういうものではない、わけです。

実際この噂は以前から繰り返し広まっており、「11月23日」で検索しようとすると、「地震」という候補が表示されるほどです。

jishin-nankai-torafu-2016-11-23-google

スーパームーンの影響で話題(11月14日)

この11月23日に大地震が発生するという噂は、11月14日に話題になった、68年ぶりのスーパームーンと地震との関連が話題になった際に、同じく話題になりました。

和歌山県での地震発生(11月19日)

そして11月19日11時48分ごろ、和歌山県にて、最大震度4の地震が発生し、再びこの噂に注目が集まっています。

Twitterで広まる様子

11月19日以降、和歌山での地震の影響で、この噂が大きく広まってしまっています。

地震雲へ関連づける人の発生

地震発生の噂と関連づけて「地震雲」を話題にするユーザーも増えています。

茨城県沖での地震発生(11月21日)

11月21日午前6時59分頃、茨城県沖を震源とする最大震度3の地震が発生し、これがまた11月23日の地震と関連づけられて話題となっています。

また、東京で23日深夜に「初雪観測の予報」が出され、実際に東京で11月に初雪が降れば半世紀ぶり(54年ぶり)ということもあり、これに結びつける声も出てきています。

福島県沖での震度5弱(11月22日 午前5時59分ごろ)

本日2016年11月22日、噂の日のちょうど前日、福島県沖を震源とする大きな地震が発生し、福島県中通りおよび浜通り、茨城県北部、栃木県北部にて、震度5弱を観測し、津波警報まで発表される事態となっています(6:17現在)。

5弱となるとかなり珍しいですから、「これが予言の地震なのではないか」という話や、「やはり明日地震が来るんだ・来そう」という形で、現在、強く噂が注目されています。

「今日地震が来るらしい」発言の増加(11月23日=予言当日)

現在、「今日地震が来るらしい」「今日南海トラフ地震が来るって本当?」のような発言が増加しています。

まとめ:あくまで予言であり科学的な根拠に基づくものではない

この通り、噂は大きく広まっていますが、あくまでこの噂は「予言」であり、科学的な根拠に基づく予知(予測)ではありません

気象庁が地震予知に取り組んでおり、マグニチュード8クラスの東海地震については、前兆現象を捉えるための各種観測機器が設置されており、予知のできる可能性のある自身である、と気象庁地震が発表しています。

しかしながら、今回は気象庁が発表している予測ではありません。

特に、今回のような噂については、気象庁は以下の文章を公開しており、東海地震以外の予知情報および、気象庁が発表した以外の東海地震の予知はデマであると考えて良さそうです

○月×日に□□地方で大きな地震があると聞きましたが、どうでしょうか?

現在の科学技術では、時期・場所・地震の規模を特定した地震予知ができる可能性があるのは、唯一東海地震のみです。

これは東海地震が100~150年という比較的短い間隔で歴史的に繰り返されてきたこと、発生の原因がかなり解明されていること、発生場所が陸域の地下を広く含むため観測体制が整えやすいこと等の条件が重なっているためです。

他の地震については、残念ながら現在のところ予知をすることはできません。

以上により、東海地震以外で日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられます。なお、東海地震については、その発生が予想されるような現象を観測した場合、気象庁から情報を発表します。

お聞きになった情報で心配される必要はありませんが、日本は地震国であり、地震が起こらない場所はないと言っても過言ではありません。日ごろから地震に対する備えをお願いいたします。

引用元

この噂についての関連記事

その他の「地震が来る」の噂についての記事

デマ情報などの最新情報はこちらのアカウントから

SNSで流行する噂がデマなのか気になる人は、このTwitterのフォローがおすすめです:

コメント(3)

  1. *地震大好きおじちゃん*
    2016年11月21日(月) 07:13

    11月23日に来るねぇ!!
    11月23日に来る条件が揃っておる。
    ・スーパームーン
    ・東海・近畿地方で震度4
    ・鳥取県で大地震(恐らく南海トラフの前兆の可能性が74%)
    ・熊本地震(これも南海トラフの前兆の可能性69%)
    ・南海トラフは前例を見るとほぼ冬に来ている。
    ※予言されているのが、11月23日に来ると予言されていると言う事は11月23日は冬デスよね!?って事は南海トラフが起きる可能性は高いんじゃよ。

    ねっ!ねっ!ねっ!条件が揃ってるおるじゃろ~!!
    これは確実に来るよなぁw!!
    当たるのか楽しみだけど、正直言うと来てほしくないんじゃ。
    皆さんデカイ揺れが来たら、すぐに逃げるのでは無くて机の下だ。
    取り合えず、先に先に逃げるのでは無くて頭をまずは守りなさい。
    ★人生には頭が無いと生きて行けんぞ
    ホォッホッホッ~w

    ●皆は何が不安じゃ?答えよう。

    ・マンションなどに住んでるんですが大地震が来て崩壊しないですか?
    [1981年前に建設(作られた)マンションなどは崩壊する危険性はあるが1981年以上に建設(作られた)されたマンション・ビル・一戸建てなどは必ずや崩壊しない。これは実験で明らかになってまふ!]

    ・地震緊急時に食料とか持って行く余裕無いんですけど、絶対持って行かないとダメなんですか。また緊急時専用食料買わないとダメ?
    [必ず持って行きなさい。余裕は無いなら余裕を作れば良い。常に自分の側に緊急時に持ってく食料を置いときなさい。 買わないと駄目じゃ~!自分でそこらのスーパーに売ってる安い水ぐらい買えるだろう?水3本程度は必ず緊急時に持ってくように]

    ・あっあのぉ!!僕はマンションの7階に住んでるんですが大地震が来たらちゃんと7階から外へ逃げれますよね!?
    [落ち着いて逃げなさい。必ずや逃げれる。崩壊すると思っておるのか?
    ホッホッホッ~w崩壊はしない。]

    皆の疑問どうじゃったか?
    ちょいとは疑問晴れると良いのぉ。

    では、さよおなら~!!
    お元気でな。
    ★安心せい。わしは皆の妖精じゃw。
    プッ。

  2. 保阪多映
    2016年11月21日(月) 17:36

    地震怖

  3. 大学中退20代フリーター
    2016年11月23日(水) 14:13

    この手の地震予言は、オカルト愛好者や陰謀論者の妄想か、おもしろ半分の書き込みが大半で、
    科学的根拠もないので、基本信じませんが、
    今回は「嘘から出た誠」になりかねない情勢ですね。
    こちらのblogのリンク先の記事にもありますとおり、
    スーパームーンとの関連性もデマとは言いきれない科学的根拠がありますし。
    東北や熊本でも2日前に前震がありましたが、これも気になるところです。
    揺れの波形や場所ごとの加速度の分析などで前震と本震を区別する研究はないのでしょうか?
    まあ、最初にこのデマを広げた人間は、そんな深く考えずにでたらめ書いただけでしょうが。

新しいコメントを投稿