情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

メルカリの商品表示が3列・値段のみ・商品名なしに変更された評判について

メルカリ (46) メルカリ-アップデート (1)

本日より、メルカリの商品一覧画面にて、レイアウト変更が実施されました(アプリアップデート不要の変更)。

この変更により、商品が3列に表示されるようになり、1つ1つの商品が小さくなりました。

そしてそれに伴い、商品の代金のみが表示され、その代わりに商品名が表示されないようになりました。

この変更に現在、多くのユーザーが「小さくて見にくい」「画像しか見れない」「商品名が表示されない」「いいね数が分からない」など、混乱している模様です。

この変更内容および、それに対するユーザーの反応についてまとめておきます。

商品一覧画面の変更

本日より、メルカリアプリに表示される商品一覧画面(ホーム画面)のデザインが変更されました。

新しいデザインは、商品が横に3列表示されるのが特徴です。

mercari-update-3-lines-layout

これにより、1画面に入る商品の数が増える一方で、ひとつひとつの写真が小さくなってしまいました。

また、商品の値段は表示されますが、商品名が表示されず、画像だけが頼りになってしまいました。

↓もともとはこんな感じでした:

mercari-hidden-item-name-design-old

試験的に導入されていたデザイン変更

実はこの、「商品名が消える」というデザインは、一部のユーザーに対して、先行提供されていました。

しかし、非常に評判が悪く、このまま取り下げるのかと思われました。

ところが今回、そこに「3列表示」が加わる形で、本格採用された模様です。

ユーザーからの評判は?→批判の声が多い

現在このデザインの変更に対して、戻して欲しい、表示が見にくいなど、多くのユーザーから批判の声が上がっています

その批判を含めて、いろいろな反応を紹介します:

公式も返事に追われる

この変更に対して、「購入してくれる人が減った」などの批判が寄せられたメルカリの公式Twitterアカウントは、それに対する返答に追われています。

商品数が従来より多くなるように」という部分を強調しており、これがメインの目的であると考えて良さそうです。

「商品名・いいね!・コメントは商品画像をタッチしてご確認ください」とのこと。つまり確認となりますが、設定で元に戻すことはできないというわけです。

ひとこと

テストしていた結果だと考えると、「こちらのほうが良かった・売れた」のかもしれませんが、以前の記事でも触れたとおり、部分的なテストでは、その表示に合わせて画像を工夫したり、タイトルを変更する人がそれほど発生しないため、それらの反応が発生した後どうなるのか、が心配に思えます。

近頃、ライバルであるラクマやフリルが「手数料無料」アピールの攻勢を強めており、メルカリも安全ではない気がするのですが、果たして今後どうなることやら。

US重視のメルカリなら、日本のライバルとの対決はまぁそれほど重要じゃないのかも、という部分もあって、そこで比較しても仕方ないのかもしれませんが。

コメント(0)

新しいコメントを投稿