LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

【LINE】「LINEのお年玉」キャンペーンのよくある質問と注意事項

LINE (1139) LINE-Android (135) LINE-iPhone (286) LINE-キャンペーン (27)

2016年の年末~2017年の年初にかけて、「LINEのお年玉」キャンペーンがはじめて実施されます。

しかしこのキャンペーンは仕組みが複雑で、「誰が何をもらえるキャンペーンなのか」がそもそも分かりにくいことに加え、期間によってやるべきことが変わってきたり、複数のキャンペーンが実施されるなどの関係で、やたらと誤解しやすいキャンペーンとなっています。

このあたりの誤解しやすい部分の説明及び、ちゃんとお年玉を受け取るための注意事項などの紹介をします(※1月1日現在、「お年玉が届いていない」「お年玉袋が消えた・無駄になった」の声が急増しています。詳細を確認してください)。

「LINEのお年玉」のキャンペーンの概要

2016年の年末から、2017年の年始にかけて、LINE初の試みとなる、「LINEのお年玉」キャンペーンが実施されます。

naver-line-otoshidama-2017

「LINEのお年玉」のキャンペーンの概要は次の通りです。

  • お年玉付き年賀スタンプ」という種類のスタンプが発売される
  • 「お年玉付き年がスタンプ」を1月3日までに購入すると、スタンプと一緒に「お年玉袋」が10個もらえる
  • 「お年玉袋」は、友だちに送信して使う
  • 送信できるのは、1月1日~1月3日までの期間限定
  • 「お年玉袋」を受け取った人は、1月15日までの間に、当選確認ができる
  • 当選確認をすると、「3袋が当たる1等100万円、20万袋が当たる2等1,000円、200万袋が当たる3等100円、970万袋が当たる4等10円、はずれ」のどれかになる

キャンペーン公式ページはこちら

スタンプを買った人に当たるキャンペーンではない点に注意

大晦日より放送開始のテレビCMでは、「総額5億円、最大100万円が当たる」と宣伝されていますが、「誰に当たるのか」がポイントです。

お年玉は、「お年玉付き年がスタンプ」を買った人に当たるわけではなく、スタンプに付属してくる「お年玉袋」を配ってもらえた人に当たるというところです。

ダブルチャンスキャンペーン

同時に「ダブルチャンスキャンペーン」が実施されています。

naver-line-otoshidama-2017-double

こちらは、条件が複雑で、ひとつのキャンペーンなの?と思ってしまうのですが、3通りの応募方法のどれかを使って応募すると、抽選で100名に、「LINEスタンプ1年分」相当のLINEギフトコードが当たるというキャンペーンも実施されています。

その応募方法とは、次の3つです。

  • LINEのタイムラインに、お年玉袋の当選結果を「#LINEのお年玉」タグを付けて投稿する(@lineteamjpの友だち追加が条件)
  • Twitterで、お年玉袋の当選結果を「#LINEのお年玉」タグを付けてツイートする(@linejp_officialのフォローが条件)
  • 次のツイートをリツイートする(@linejp_officialのフォローが条件)

LINEのお年玉 ダブルチャンスキャンペーン
 
参加方法:お年玉の当選結果をLINEのタイムライン/Twitterに「#LINEのお年玉」のハッシュタグをつけて投稿。または、LINE公式Twitterアカウントが投稿した指定のツイートをリツイートする。

参加条件: 当選のご連絡に使用するため、以下アカウントを友だち追加/フォローしてください。
LINEで参加の場合:@lineteamjp
Twitterで参加の場合:@linejp_official 
 
期間:2016年12月27日〜2017年1月3日
 
賞品:LINE STOREで使える、LINE ギフトコード4万3,800円分
 
当選発表:LINEでの参加の場合は公式アカウント「LINEチーム」から、Twitterでの参加の場合はDM機能を使って個別にご連絡いたします。発表は1月中旬を予定しております。 引用元

「お年玉付き年賀スタンプ」の購入者キャンペーン

さらにマイナーなのですが、もう一つ関連キャンペーンが実施されています。

それがなんと、「お年玉付き年がスタンプ」を購入した人が当選対象になるキャンペーンです。

naver-line-otoshidama-2017-line-store

たしかに、メインの「総額5億円」のキャンペーンは、スタンプを買った人ではなく、お年玉袋を受け取った人が当選対象なのですが、どういうわけか、その裏でひっそり、購入者向けのキャンペーンが実施されています。

LINE STOREの公式LINEアカウント(@linestorejp)を友だち追加した上で、年賀スタンプを2つ以上購入すると、100人に2,017円分、9,900人に150円分のLINEクレジットがプレゼントされるというキャンペーンです。

メインのキャンペーンに比べると金額は小さめですが、もしお年玉付きスタンプを2つ以上購入予定であれば、あとはLINE STOREの公式アカウントを友だち追加しておくだけで友達追加しておけばよいようなので、ついでに確認しておくとよいと思います。

詳細は、次のページで確認してみてください。

お年玉が届いたらどうすればいいの?

スタンプを買ったのだけれどお年玉袋はどう送れば良いの?

こちらの記事の手順を参考にしてください。

よくある質問

よくある質問をまとめておきます。

「LINEお年玉」アカウントが見つからない

「LINEお年玉」という公式アカウントは、お年玉付き年賀スタンプを購入すると、自動的にトークを送信してきてくれます。自分から探す必要はありません。

「お年玉付き年賀スタンプ」が見つからない・一覧を見たい

お年玉付き年がスタンプの一覧が掲載されている、スタンプショップの特設ページは、次のリンクから開くことができます。

当選したお金を受け取る方法は?

当選したお年玉の当選金は、「LINE Pay」のアカウントに追加されます。

LINE Payに登録していない場合は、LINEアプリの「・・・(その他)」タブにある「LINE Pay」から、新規登録してみてください(※「LINEポイント」ではありません、「LINE Pay」です)

お年玉付き年賀スタンプをたくさん買う意味はある?

お年玉付き年がスタンプをたくさん買えば、買った個数x10個のお年玉袋が貰えます。

しかし、友だち1人に対して1つまでしかお年玉袋を送信することはできません(別の人から、たくさんお年玉袋をもらうことは可能)。

そのため、基本的に、お年玉袋の数が、渡したい相手の人数を上回るほど購入しても、「LINEのお年玉」キャンペーン的には意味がありません

もちろん、いろいろなスタンプを使いたいのであれば、その数だけ購入することに問題はありません。

また、先ほど紹介した第3のキャンペーンでは、お年玉付き年がスタンプを2つ以上購入することが条件なので、2つ以上買うことには、ひとつ追加の意味があると言えます。

送ったはずのお年玉袋が届いていない・お年玉袋が届かない(「通知>連動していないアプリ」設定に注意)

お年玉袋を受け取るためには、LINEの設定の「通知>連動していないアプリ」を「オン」にしておく必要があります。

こちら、「受け取り側」で必要な設定なので、年賀スタンプを購入する予定がなくとも、「お年玉袋が届くかも」と思っている人は、事前にオンにしておいたほうがよいと思います。

この重要な注意事項は、キャンペーン公式ページ内に小さな文字で書いてあります。見落とさないように注意が必要ですね。。。

お年玉袋の送信先となる友だちがLINEの通知設定の「連動していないアプリ」の設定をOFFにしている場合や、その他友だちの受信設定等の理由によりお年玉袋が受信されない場合がありますが、この場合も送信したお年玉袋が消費される場合があります引用元

※1月1日になり、実際にこの設定が原因で、お年玉袋が届かないユーザーが多発しています→→「【LINEのお年玉】「お年玉袋が届いていない」問題が発生中」(詳細)

1月1日になったのにお年玉を送信できない

お年玉の送信開始は0:30が予定されています。次のページを参考にしてください↓

不具合・障害情報

現在、お年玉の受け取りに大規模な問題が発生してしまっています(次のツイッターアカウントをフォローしておくと、公式より早い情報を受け取ることも多く、便利です)。

※このツイートを「リツイート」すると、友だちに注意喚起できます。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿