LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

【LINE】「ブロックに失敗しました」「正常に処理できませんでした」エラーで迷惑アカウントをブロックできない問題について

LINE (1211) LINE-iPhone (313) LINE-エラー (50) LINE-ブロック (6)

知らないユーザーから突然友だち追加された際に、その相手を「ブロック」しようとしたところ「正常に処理できませんでした。しばらく経ってからもう一度お試しください」エラーや「ブロックに失敗しました」エラーが出てしまってブロックできない問題に遭遇するユーザーが、ここしばらく多い状態が続いています。

原因はまだはっきりしていないのですが、この問題についてのアドバイスを書いておきます。

表示されるエラー

表示されるのは、以下のようなエラーです。

naver-line-can-not-block-error

エラー
正常に処理できませんでした
しばらく経ってからもう一度お試しください

ブロックに失敗しました
[OK]

公式の特別なアカウントではなく迷惑アカウント

これが発生して問題となっているのは、もともとブロックできないように設定されている、LINE運営の特別なアカウント「LINE」「LINE Points Notice」などではなく、「電話番号で友だち追加されました」などで突然友だち追加され、そこから声をかけてくる迷惑アカウントです。

例として、最近多い迷惑メッセージは、以下の文章で始まるものです。

知り合いかもにいたので、個人的に気になったので連絡してみました。
こういうのをご縁といっていいかわからないですけど、
お話でも出来たら嬉しいなと思います (^o^)
孝之、31歳です!
旅行代理店の仕事をしています^^
仕事がら色々なところに行くので食べ歩きが趣味です
色々情報交換できたら嬉しいです!
それでこのIDは昔ので、今の教えておきます!
...

原因について

この問題については、「既にアカウントが消されている・凍結されているからだ」「ユニコードが使われているからだ・特別な文字が名前に入っているからだ」などがありますが、今のところ原因はこれだ、とはっきりいうことはできない状況です(ひとつの原因ではなさそう?)。

「どうすればいいの?」についてのアドバイス

ただし、これらの迷惑メッセージのパターンにおける「どうすればいいの?」についてはひとつアドバイスがあります。

それは、無理にブロックをしようと頑張る必要はないという点です。

まず、LINEのブロック機能は、完璧&強力なものではありません。ひとつ特徴を言えば、「ブロック」という言葉がよく知られている点です。なので、どうしても「ブロックしなきゃ」「ブロックすれば安心」などと思いがちですが、ブロックはそれほど必要不可欠なものではありません

ブロックする効果は、主に「トークが届いても表示されなくなる」「電話がかかってきても着信しなくなる」「タイムラインが見られなくなる」などですが(アイコン変更やひとこと変更は見られてしまう)、これらの迷惑アカウントは、基本的に別アカウントに誘導するためのトークを飛ばすためのアカウントで、だいたいがトーク1回~数回、長くても数日で連絡を諦めます。そして、最初に声をかけてきたアカウントも、すぐに消してしまうことが多いです。

「トークが届くのが邪魔」という理由でブロックしたくなるかもしれませんが、ブロックしなくても早ければそのトーク1つで終了、長くても数日でトークが届かなくなることが一般的なので、あまり無理にブロックする必要はありません

また、「タイムラインが見られたくない」、という意味では、そもそもこちらから友だち追加していない限り、タイムラインを見られることはありませんし(全体に公開は誰からも閲覧可能、ブロックしても閲覧可能なのでもともと注意)、誤って友だち追加してしまった場合でも、LINEの設定の「タイムライン>友だちの公開設定」で、その相手を「非公開」にすれば、タイムラインを見られないようにできます。

どうしても困ったら

それでもしつこくメッセージを送ってきて、ブロックが必要だと思ったら、LINE運営に、問題報告フォームを使って問い合わせしてみてください。対応してくれる場合があるようです。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿