情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

久しぶりに使ったプリンターで印刷がかすれたときの対策メモ(キヤノン製プリンター)

Canon (3) PIXUS MG7130 (1) プリンター (3)

久しぶりにプリンターを使って印刷(コピー)してみたところ、インクがうまく出ていないのか、印刷が飛び飛びとなり、一部しか印刷されない状態になってしまっていました。極端にインクがかすれてしまいます。

その際に実施した対策手順や、症状についてメモしておきます。

プリンターの機種

今回不調になったプリンターは、Canon PIXUS MG7130です。

症状

書類の白黒コピーを取ろうとしたところ、印刷がかすれてしまい、ほとんど印刷されない状態でした。

試しに、体重計の説明書を白黒コピーしてみたのが次の画像です。横方向に筋状に印刷されているように見えます。

printer-kasure

紙を送るローラーや、紙自体の問題かも、とも思ったのですが、印刷されている場所それぞれについて、位置には問題が無く、単純に、多くの場所でインクが出ていない・インクの出が悪い状態のようでした。

ノズルチェックパターンを印刷

クリーニングをしようと思ったのですが、症状がよく分からないので、ひとまず「メンテナンス」の中にある「ノズルチェックパターンを印刷」を実行してみました。

その結果がこちらです。

printer-kasure-check-pattern-before

パッと見たところ、問題ないようにも見えてしまうのですが、よく見ると、一番上の水色(シアン)のさらに一番上に、黒いインクがわずかに印刷されています。

本当であれば、「PGBK」インクの分がしっかり印刷されるはずです

つまり、どうやらPGBKインクの印刷に問題が発生してしまっており、他の色には問題なさそう、ということが分かりました。

PGBKインクの特徴

PGBKインクは、文章などで、黒をよりはっきり印刷するために、通常のBK(ブラック)とは別に搭載されている黒インクです。

他の色(シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック)が染料インクであることに対し、PGBKは顔料インクです。

顔料インクは、染料インクよりも乾燥が早いため、ノズルが詰まりやすいことや、しばらく使っていなかったから乾燥してしまったのではないか、などが思い浮かびました。

PGBKインクを交換する

そこで、もともと残量が少なくなっていた(しかし、警告表示が出るほどではない)PGBKインクを、新しいものと交換しました

Canon インク カートリッジ 純正 BCI-351(BK/C/M/Y/GY)+BCI-350 6色マルチパック BCI-351+350/6MP
Canon インク カートリッジ 純正 BCI-351(BK/C/M/Y/GY)+BCI-350 6色マルチパック BCI-351+350/6MP

そして、もう一度ノズルチェックパターンの印刷をしてみたところ、次の通り、くっきりPGBKの部分が印刷されました。

printer-kasure-check-pattern-after

これ以降、正常にコピーできるようになりました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿