情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【SNOW】「目をぐるぐるにする加工」をする方法と「美顔相機」との違い

SNOW(スノー) (22) カメラアプリ (26) 美顔相機 (3)

2月5日ごろから人気が急上昇した、カメラアプリ「美顔相機」で人気の「ぐるぐる目」加工。それに似た加工が、早くも「SNOW(スノー)」で利用できるようになっています。その利用方法と、美顔相機版との違いについて紹介します。

美顔相機 vs SNOW

もともとこの加工が人気になっていた「美顔相機」と「SNOW」それぞれの加工の比較画像を作ってみました:

中央の画像を、「美顔相機」でぐるぐる目に加工したのが左、「SNOW」で加工したのが右です(「SNOW」では、保存した画像を直接加工することはできないので、ディスプレイに表示した画像を、SNOWで撮影しており、ちょっと暗めに映っています)

こうやってみると、かなりデザインが似ていることがよくわかります。

頭の上をぐるぐる回っている部分や、目が寄り目になるところ、目の中がぐるぐるになっている部分、そしてぐるぐるの向きまでも一緒です。

細かいところはわずかに違っており、「美顔相機」で頭の上を飛んでいるのが「鳥+星」であるのに対し、「SNOW」では「星」のみとなっています。

また、SNOWは加工が動くのが特徴なので、この「ぐるぐる目」加工も撮影時、動画のように動いているのが特徴です。

美顔相機での加工方法

SNOWでの加工方法

※はじめて「SNOW」を使う場合は、「顔認識カメラアプリ「スノー(SNOW)」の初回登録方法と使い方」を参考にしてください。

まず、SNOWのカメラ画面で、顔文字ボタンをタップします。

そして、数ある過去の中から、次の画像の、寄り目アイコンをタップします。

これで撮影モードには入れるので、あとは撮影ボタンを押すだけです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿