情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone】「○○によりiPhoneの動作が遅くなる場合があります」エラーが表示された場合の対策について

iOS 10.1 (4) iPhone (890)

iOS 10.1以降、特定のアプリを起動した際に、「○○によりiPhoneの動作が遅くなる場合があります」というエラーが表示されるようになりました。

このエラーが表示されて、「どうすればいいのか」と困ってしまうユーザーが多いようなので、これが表示された場合の対処法について紹介します。

「○○によりiPhoneの動作が遅くなる場合があります」エラー

今回取り上げるエラーは、次のエラーで、アプリを起動したときに表示されます。

○○によりiPhoneの動作が遅くなる場合があります

開発元によるAppの互換性改善のアップデートが必要です。

意味

このエラーは、簡単に言ってしまえば、アプリが古すぎて、低速な動作になってしまうかもしれません、ということを意味しています。

この「古すぎて」というのは、最終アップデートが2015年以前の、32bitアプリのことを指しています。

このエラーが出るアプリは「2014年が最終アップデート」というような、古いアプリに多く、既に更新が終了してしまい、アプリ作者に放置されてしまったアプリだったりします。

対策

これが表示された場合にユーザー側で可能な対策は、AppStoreを開いて、アプリをアップデートすることです。

もしアップデートが来ていれば、の話です。

多くの場合どうにもならない

実際アップデートしようにも、AppStoreにアップデートが存在せず、アップデートしたくてもアップデートできないケースが多いのではないかと思います。

そのままでも今のところ大丈夫

しかし、今のところ、そのエラーが出たとしても、アプリを使い続けることに別段問題が発生するエラーではありません(古いアプリであるため、別の問題は発生する可能性がある)

また、エラー自体も、毎回毎回、起動ごとに必ず表示されるものでもありません。

類似のアプリがAppStoreにあればそちらを利用し、代わりになるアプリがなければそのまま使う、という方針で対応するのが個人的なおすすめで、このエラーメッセージ自体にそこまでこだわる必要はありません(何か問題が発生したときには、この古いアプリを疑い、アンインストールなどの対応を検討した方が良いかもしれません)。

アプリ製作者にお願いしてみる

最後の手段として、アプリ製作者に連絡をして、更新のお願いをしてみると、更新版を開発してもらえるきっかけになるかもしれません。

コメント(0)

新しいコメントを投稿