情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Googleアカウント】2段階認証を有効にする設定のやり方(画像付き)

Google (48) Google アカウント (11) Google アカウント-2段階認証 (4)

Googleアカウントの「2段階認証プロセス」機能を有効にする方法を説明します。

2段階認証って何?

2段階認証は、「パスワード」を入力する認証(1段目)に加えて、あらかじめ指定しておいた電話番号に届く「確認コード」を入力する認証(2段目)が必要になる、認証方式です。

2段階認証の設定をしておくと、「パスワードを知っている人」という情報的な認証だけでなく、「電話番号へ届くメッセージを閲覧できる人」という、物理的な認証が必要になるため、どこかのサービスから「パスワード」が万が一盗まれたとしても、それだけではログインされないようになり、セキュリティが大きく向上します。

現在は多くのサービスがこの「2段階認証」に対応しており、設定できるサービスであれば、必ず有効にしておきたい、設定です。

2段階認証を有効にする設定方法

まず最初にGoogleアカウントの設定画面を開いて、「ログインとセキュリティ」→「2段階認証プロセス」を開きます。

そして、簡単な説明が表示されるので、それを読んでから、「開始」をタップします。

認証に使う「電話番号」を指定する

次に、「電話番号」を入力して、「次へ」をタップします(※電話番号は、国際電話の番号を設定します。日本なら、+81から始まり、080XXXXYYYYなら+8180XXXXYYYY、090XXXXYYYYなら+8190XXXXYYYYとします)

電話番号に届くコードを入力する

「利用できるかの確認」が表示されるので、Googleから届いたSMSに記載された「Google確認コード」を入力して「次へ」をタップします。

「確認が完了しました。2段階認証プロセスを有効にしますか?」という最終確認の画面が表示されたら、「オンにする」をタップします。

設定完了

「2段階認証プロセス」の設定ページが再び表示されて、「2段階認証プロセスは2017/02/XXより有効になっています」と表示されていれば、設定完了です

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿